FC2ブログ

パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西荻窪の免震住宅・祝10000kWh

2015/12/29 Tue [Edit]

2015年の初めにSURとして初の完全ゼロエネを達成した
西荻窪の免震住宅が竣工22ヶ月でまた快挙です。
今年の12月1日に太陽光発電モニターに以下の画面が映し出されたそうです。

10000kWh

屋根の上にどれだけ太陽光発電パネルを載せるかで、
10000kwh達成もネットゼロエネルギーのバランスも
変わってきますから一概にいえませんが、
この住宅は延べ床面積約36坪(ただこの家は吹抜が大きいので
実質約40坪のボリューム)に対し、4.5kwのパネルを搭載しています。

ネット・ゼロ・エネルギー補助金を取得するための基準では、
建物性能を無理のない程度に抑えた場合、
10坪当たり1.5kw近い太陽光発電パネルを搭載する
必要があるようですが、
この住宅はそれよりもずっと小さい発電パネルで
完全ゼロエネどころかこの画面でわかるように、
創出エネルギーが10000kwhに対し、消費したエネルギーは
7585kwhということで、2500kwh近い純粋黒字になっています。

それはこの住宅の住み手の大変な努力のたまものです。
照明はこまめに消すなどもとより、なにより冷房や暖房の設定温度を
控えめ(冷房は30度以下、暖房は20度以下くらい)
にしているのがいちばんのポイントでしょうか。
この家は補助暖房に薪ストーブがあるのですが、
その薪も植木屋さんやご近所から材料を供給してもらうことで
省エネにつとめています。

暖房温度20度以下というと、
寒いのではないかと心配されるかもしれませんが、
高気密高断熱の地中熱住宅では家中の壁、床、天井の
人間を囲むすべての部材の輻射温度がほぼ一定なので、
20度でも全く寒く感じません。
温風暖房で24度位ある部屋でも、壁の断熱性能が低くて
壁温が16度位しかない場合は感じる温度は同等です。

もちろん省エネルギーのために住宅があるわけではありませんから、
もっと暖かく(あるいは涼しく)されたい方の自由まで
制限するつもりはありませんが、
地球の将来を考えれば、できる限り歩み寄って
省エネを心掛けるべきではないでしょうか。(Shi)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
関連記事
Prev
狛江の集合住宅・鉄骨造の中の木造住宅?
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
オープンハウスのお知らせ・雑司が谷 ZEH

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。