FC2ブログ

パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小屋裏スペースとバルコニー

2014/09/06 Sat [Edit]

昨日新しいお客様に、第1回目のプレゼンテーションをしました。
敷地の制約で床面積があまり取れず、
どうすれば4人のご家族がゆったり生活できる空間になるか
いろいろ工夫が必要な計画です。

YGプレゼン図

面積が取れないときは小屋裏スペースの有効活用や
屋外スペースを取り込んで広がり感を演出するなどの方法があります。
今回も小屋裏は最大限利用したいので、少し北側を空け気味にして
北側斜線の影響を出来るだけかわして小屋裏のボリュームを取ります。

しかし気を付けなければいけないのは、この小屋裏についての規制が
自治体によって結構違うと言うことです。
大筋においては、面積が下階の1/2まで、天井高さは1.4m以下、
居住の用途には使わないなどの統一見解があるのですが、
小屋裏に上る階段ないしはハシゴの形状、小屋裏に設ける窓などについては
各自治体の基準はまちまちですし、電気や給排水などの設備の設置や
場合によっては小屋裏スペースとそれ以外のスペースの仕切り方
などについて細かく決まりがある所もあります。

同様の話で広いバルコニーを作るとき、建築面積や延べ床面積に
算入するかどうかという点も各自治体で見解が分かれる所です。
面積不参入の条件として、床がスノコやグレーティングなど
下に抜けていればよいという事も多いですが、
その場合でも他にいろいろな条件が付くケースが多いのです。

そんな事についても事前にしっかり調べながら
許容範囲ギリギリで今回の提案をしました。

東京にいらっしゃる奥様には直接事務所でご説明しましたが、
ご主人は中国に滞在中なので、メールで一式お送りしたところ、
なんと、その日のうちに返信をいただき、
「スゴイです。ワクワクしています」とのこと。

これは、こちらもがんばって更に良い計画になるよう
ブラッシュアップしなければと決意新たにしたところです。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
関連記事
Prev
まちかど建築家展 in 代官山 9/27・28
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
ソーラー&ソーラーシステム・御代田山荘

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。