FC2ブログ

パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

ソーラー&ソーラーシステム・御代田山荘

2014/09/05 Fri [Edit]

以前にも書いたように、御代田山荘は寒冷地と言う条件に合わせた
いろいろな実験的な工夫をしていますが、
一番のポイントは,冬場の温度キープという事です。

別荘ですから常時居住しているわけではないので、
冬場は凍結防止のための不在時の水抜き作業、
不在時冷え切った山小屋を使用する時に暖める作業など
やっかいな作業が必要になり,ついついおっくうで
あまり使用しないと言うケースが多いようです。
しかしせっかく建てる山荘を冬場も有効利用したいものです。

という事で、この御代田山荘は自然エネルギー利用で
経済的に冬場の温度キープをする仕組みを作ろうというのが
大きなテーマです。

そこでお施主様と相談しながら考えたシステムは、
「ソーラー集熱装置をソーラー発電で動かそう」と言うことです。
ソーラー集熱装置は、日照のある時しか集熱しませんから
その駆動電源にソーラー発電を利用するのは実に合理的です。
これがうまくゆけば,すべて自然エネルギーで、
ランニングコスト・ゼロというわけです。

ソーラー&ソーラー

「ソーラー&ソーラー・システム」とでも名付けましょうか。
このソーラー発電システムは「ベランダ発電」などと呼ばれる
数百ワット程度の安価でコンパクトなものを使います。

しかしこの装置は晴天時しか働きません。
何日か悪天候が続くと寒冷地では氷点下に下がる恐れがあります。
そこで大事になってくるのが「地熱住宅」です。
ソーラー&ソーラー・システムの温風を巨大な蓄熱槽
つまり床下のコンクリートを通じてたっぷり地中に貯めて
簡単には冷めないようにするわけです。

これで、冬場も常時ある程度の温度にキープしておけるので、
水道が凍結しないのはもちろん、使用時もちょっと暖房すれば
たちまち快適な温度まで暖めることが出来ると言うわけです。
その暖房も、薪ストーブの使用を考えていて、
しかも薪にする木も敷地内にたっぷりありますから、
空調に関する限り完全に「自立循環型」の建物になるというわけです。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
関連記事
Prev
小屋裏スペースとバルコニー
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
住宅の規模と工事費・小さいほど割高

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ