パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事請負契約ということ・用賀の二世帯住宅

2014/07/28 Mon [Edit]

用賀の二世帯住宅の工事請負契約に向けて、
ここ数週間少々バタバタです。
お施主様にとって、一生に何回もない数千万円の買い物ですから
慎重になるのは当然のことと思います。

ところで住宅の設計となると、一体いくつのことを決めればよいのでしょうか。
数えたことはないのですが、数千からもしかしたら数万の単位かもしれません。
そして請負契約ともなると、それらのすべてについて金額をはじく訳です。

普通の規模の住宅でも、図面にして50〜100枚
見積書もだいたい50〜100ページです。
見積書の一ページには20ほどの項目がありますから
単純計算してもそこで1000〜2000項目があります。
しかも、そのひとつの項目も実は細分すればきりがないものを
ある程度まとめているわけですから、やはり決める項目は万単位でしょうね。

ですから、それらのことをすべてきちんとチェックするというのは
実は至難の業なのです。
それほど詳細に図面を書き、見積もり明細を作っても
実は金額見積もりはかなり大雑把にならざるを得ません。
ある意味、どんぶり勘定なのです。

その事を見積もる方も、それをチェックする設計者も解っていますから
項目ごとの小さな数字の違いをあまり追求しても始まりません。
全体のバランスを見て、「ここの項目は高めだけど、こちらが安めだから
総額このぐらいで問題無いな」とか、「安めの項目が多すぎるから
これでは全体予算としてきつくなるだろう」とか、
また、その施工会社の事情なども考慮して
「少し安めだけど仕事が欲しいようだからこの金額なんだな」とか
「今仕事が十分にあるから強気の金額だな」とかの
総合的な判断が重要になってきます。
このあたりは、経験がものをいいますし、ある程度つきあいのある工務店の方が
設計者にとっては読みやすいという事もあります。

見積もり明細書には、細かく項目がありますから、
一般の素人の方でもよく見ると内容が解る感じがするかもしれませんが
そのようなわけでなかなか判断は難しいものなのです。
やはり信頼できる専門家に依頼することが重要です。

クライアントのするべき一番大事なことは、
設計や見積もりの詳細をチェックすることではなく
信頼できる設計事務所を探すことなのだと思います。
その事については、建築主は全面的に責任を負う覚悟が必要だと思います。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
関連記事
Prev
工事請負契約無事完了・用賀の二世帯住宅
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
無垢材パネルのエコハウス・OZONEセミナー

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。