パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の電気設備計画

2015/11/28 Sat [Edit]

実施設計で重要な打合せ項目の一つに電気設備の計画がありますが、
秦野の住宅と中落合の住宅はほとんど同じペースで設計が進んでいて、
先週、今週と続けて電気設備の打合せをしました。

電気設備計画

電気設備の一つのポイントは照明計画です。
SURの照明計画はダウンライトとスポットライトをメインに考え、
この二つでベースの明るさを作ります。
どちらもほとんど直接光源は見えず、間接照明的な扱いです。
そこに、食卓のペンダントや壁付けのブラケットなどで
アクセントを付けて行きます。

部屋全体を明るくする大きな照明ではなく、
コーナーごとに小さい照明を数多く取り付けることになります。
計画図を見ると大変多くの照明がつくのでちょっと驚くかもしれませんが
多灯分散型と呼ばれる照明計画で、どの照明を点けるか消すかで
いろいろな雰囲気を演出できますし、
部屋全体を明るくするのに比べかなり省エネにもなります。

さて、急速にLEDが普及して、このところほぼ100%になりました。
少し前まではLEDへの移行期で、まだ器具も高価で種類も少なかったので
SURではE26またはE17という汎用型のソケットがついた器具をメインに考え
とりあえずは電球型蛍光灯、いずれ電球のみLEDに変えて行くと言う考えでしたが、
最近のLED器具は電球交換が出来ない物も多く
その場合、電球が切れたら器具ごと交換という事になります。
LEDは10年以上の寿命がありますし、
特に調光可能な器具は電球交換が出来ない物が多く、
また、価格も安いので、それも一つの考え方です。

照明との関連ですが、スイッチについてSURのルールがあります。
それは出来るだけ1箇所に3つ以上のスイッチをまとめないという事です。
毎日使う自宅のスイッチですが、1箇所にたくさんまとまっていると
いつまでたっても案外混乱するもので、
どれがどこのスイッチか慣れないものです。

コンセントについてのSURの方針は「迷ったら付ける」です。
多すぎて困ることはほとんどありませんし、
後から増やすことは簡単ではありません。
また充電の器具がとても増えているので、物入れの中などにも用意しています。

こんなふうに設備計画も経験を重ねて少しずつ変化して行きます。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

建築工事の行事・大岡山の住宅Ⅱ地鎮祭

2015/11/11 Wed [Edit]

今日の午前中、大岡山の住宅Ⅱが無事地鎮祭を迎えました。
いよいよ着工、これから随時工事の様子をご報告します。

さてここで住宅の建築に関する行事(儀式)をまとめておきたいと思います。
WEBサイト等にもいろいろまとめてありますが、
地方によって、またそれぞれの立場によって結構違いがあるものです。
そこでSURがこれまでかかわってきた住宅についてのまとめも
多少はお役に立つかもしれません。

大岡山地鎮祭

住宅の着工から竣工までの間にある行事は
・地鎮祭 ・上棟式 ・竣工式といったところです。
いずれも、必ずやらなければいけないというものではありません。
基本はあくまで「建築主の考え方による」と言う事になります。
そのような行事を一切行わないという場合もありますが、
今までの例ではかなり少ない事は確かです。
また、基本は神式ですが、建築主の信仰によっては
キリスト教式等で行う場合もありました。

・地鎮祭
土地の神様に工事の許可、安全をお願いするのが趣旨です。
正式には神主さんを呼んで執り行ってもらいます。
その場合、その土地の氏神様が本来ですが、近くに適当な神社がなかったり
神社が地鎮祭に慣れていなかったりということもありますので
出張祭事を多く手掛けている専門?の神社に依頼すると
何から何まで面倒を見てくれるので、
有り難みは少し薄れるかもしれませんが手軽で便利です。
SURの例ではほぼ半数が神主さんにお願いしています。

簡単に済ませる場合は、神主さんは呼ばず、
建築主と工事会社、設計事務所が参加して
酒、塩、米で四方のお清めをしお祈りします。
この例も結構多いです。

・上棟式
棟上げ、建前などとも呼ばれ、建物の骨組みが組み上がったところで行います。
建物と工事の安全を祈願する儀式ですが、
同時に職人さんたちに感謝の気持ちを伝える場にもなります。
神主さんを呼ぶ事はほとんど無く、大工の棟梁が中心になります。
地鎮祭と同じように建物の四方のお清めをして工事の安全を願います。
基本はそこまでですが、建築主から挨拶があり、
ほとんどの場合職人さんにお祝儀を渡します。
簡単な手みやげを用意する事もあります。

また、その場で飲み物、料理を用意して宴会とする場合もありますが
最近は職人さんもほとんど車なので、お茶とお菓子など
ごく簡単に済ます事が多くなっています。
ただ、職人さんと建築主がふれ合える場なので、
多少なりとも歓談の機会があると良いと思います。
お施主さんの趣味で餅撒きをしたこともありますが、それはめずらしい例です。

・竣工式
ビルなどの大きな建物の場合は、上棟式はなく竣工式という事が多いようですが
住宅の場合、特に竣工式というものは無い場合がほとんどで、
単に工事会社との間で建物引き渡しの事務手続きや取扱説明があるだけです。
竣工パーティーという形でお招きいただく事はたまにありますが、
引越後しばらくはなかなか家の中が片付きませんから、それも大変ですよね。
片付く頃にはなんとなくタイミングを逸してしまうという事情、よく分かります(笑)

まあ大体そんな具合です。
繰り返しになりますが、あくまで建築主の気持ち次第です。
最近の工務店はそのあたり割り切っていますから、
それらの儀式をしなかったから問題があるという事はありません。
その点は安心していただいて大丈夫です。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

秦野の住宅・収納の打合せ

2015/11/09 Mon [Edit]

7月のOZONEコンペで決まった秦野の住宅は
順調に基本設計を完了し、実施設計に入っています。

いつものように設備機器や仕上げ材料のショールームめぐりをして
イメージを固めるとともに、
実施設計で大事になるのは収納計画と設備計画です。

昨日は収納の打合せという事で、
基本設計時に打ち合わせた大筋の計画を、
もっと詳細に詰めて行きます。

そのための資料として準備するのが、このような収納のスケッチです。

収納打合せ

なかなか図面では立体的な形がつかみにくいので、
このような見取り図はとても有効です。
これをたたき台にして、打合せながら修正を加え
最終形を家具図面にします。

しかし、このように十分打ち合わせても
現場が進むと変更したい個所も出てきますし、
色や仕上げについても工事が進んで空間がイメージできてくると
はじめの頃とは少しずつ違ってくるものです。

ですので、SURでは必ず家具造作の制作に入る前に
もう一度現場で最終確認をしています。

そのようなきめ細かな対応こそが、
設計事務所との家づくりの最大の良さだと思います。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

基礎工事・雑司が谷ゼロエネハウス

2015/11/06 Fri [Edit]

雑司が谷ゼロエネハウスの工事はどんどん進んでおり、
予定通り年内に竣工しそうです。
ブログの方がなかなか追いついていませんが、
今回は8月ごろの基礎工事のレポートです。

SURの地中熱住宅は床下が室内化されていて、
地中熱を出来るだけ有効に行き渡らせるために
建物外周以外は基礎の立ち上がりを最小限に抑えています。

今回も水回りや玄関まわり以外は
室内の立ち上がりはまったくありません。
強度を補う必要がある時は、耐圧版(ベタ基礎の床板部分)の
鉄筋量を増やす事で対応しています。

基礎配筋UR

そしてこのゼロエネハウスでは写真のように中央に
背骨のように通ったピット(500下がり)を設けているのが特徴です。
これは、このピットの端部に床下エアコンを設置して
ダクトの役割を担い温風のまわりを良くするとともに、構造的な地中梁の役目、
このあたりに集中する設備のメンテナンス作業を容易にする事、
また設置面積を増やして地中熱をより効果的に取り込む事など
複数の効果を期待しています。
昨年竣工した御代田山荘の地下室が効果的でしたので参考にしました。
どこまで効果が上がるのかは分かりませんが、自邸ならではの実験です。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。