パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)・雑司が谷ゼロエネハウス

2015/10/14 Wed [Edit]

雑司が谷の住宅は自邸なので、ある程度経済性を度外視して
実験的なことも試みたいと考えています。

まず、完全なネットゼロエネルギー以上の性能とすること。
つまり、パッシブソーラーの仕組みと太陽光発電で
この住宅で使うエネルギーの収支をマイナスとし、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の基準を満たすことです。

ゼロエネイメージ
            (図版はセキスイハウスのHPからお借りしました)

この住宅はもちろん地中熱利用のパッシブソーラーハウスとして
計画していますが、いろいろな制約から理想的な形ではありません。

細長い形状なので室内容積の割りには外壁面積が多く熱負荷の点では不利です。
方位も西に30度ほど振れていて、西日の影響を受けやすいですし
車庫部分のピロティーがあるので接地面積も少なめで地熱効果も不利です。
また、大きな吹抜があり、窓面積もかなり大きくなっていますが、
これは十分な日照を確保するためですから
必ずしも温熱的に不利とは言えません。

ともかくまずはWEBに公開されているゼロエネの計算プログラムに
通常の SUR仕様で入力してみたところでは、予想どおり少し性能不足。
上にあげたような通常より不利な部分が効いているようです。
しかし地中熱の効果などはゼロエネプログラムに反映されないので、
実際にはもう少し性能は出ると思いますが、計算上はZEHに少し届きません。

では、どの部分の性能をどの程度上げればよいのか、
いろいろな条件で数字を入れてケーススタディしてみます。
十分な庇を出すこと、蓄熱を利用すること、通風確保など
きめ細かなパッシブデザインはすべて採り入れていますし、
設備機器や照明も一番省エネのタイプを使っていますから、
性能アップできる箇所はあまり多くありません。
残るのは断熱や、サッシのさらなる性能アップと
太陽光発電容量をどこまで増やすかに絞られてきます。

太陽光発電の容量を思い切ってあげれば比較的簡単にゼロエネは達成できますが
それは本来の趣旨からすれば少々邪道です。
どこまで少ない太陽光発電容量でゼロエネが可能かが問題です。
屋根の面積も限りがありますから、今回は5kw程度に抑えるのが目標です。
その条件の中でいろいろな仕様を試してみると、
断熱の点ではすでに外貼り+充填の「ハイブリッド断熱」を標準としているので
多少厚みを増やしたり、更に高性能の断熱材に置き換えても
数字的に僅かしか性能アップしません。

一方、サッシの性能はかなり大きく影響します。
窓というのは相当高性能な物でもしっかり断熱した壁と比較すれば
ほとんど穴が空いているようなもので大きな熱負荷の元になっている箇所です。
今回の計画はそのサッシの面積が比較的大きいので、
余計に影響が大きくなっています。
結局、南面の大きなサッシは現在手に入る最高性能の
「トリプルガラス・サッシ」を選択することにして、
やっと性能をクリアすることが出来ました。

この建物性能に対し太陽光発電はぎりぎり5kw必要ですが、
パネル配置の関係もあり5.25kwと決めました。

こうしてまず、ゼロエネを達成するための
基本仕様が決まりました。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

プランニング・雑司が谷ゼロエネハウス

2015/10/04 Sun [Edit]

メーターモジュールとしたことで一気に計画がまとまった
雑司が谷ゼロエネハウスですが、こんなプランになっています。

UR,プラン

4mX12.5m=50㎡の長方形平面で、3階建て+ルーフテラスの構成です。
親は基本的に1,2階で生活が成立するようにして老後に備えています。
周囲が3階建てになった時を考えて、2階リビングとし、
3階までの大きな吹抜から日射を取り入れます。
1階と3階がプライベートスペースですが
3階はかなりオープンな構成で将来の可変性に配慮しています。

ルーフテラスは防水の心配などからかなり迷いましたが
周辺に比較的高い建物が多く、ここまで上がらないと空が十分見えないので
屋上で空を眺めるのが大好きな娘の希望と、
星を眺めたい私の趣味で設置することに決めました。
防水については確実性やメンテナンス性を考慮して
緩勾配のガルバリウム屋根とした上に
木製デッキを置く構成としました。

東西に細長いのですべての部屋が南面し、
明るく気持ちの良い構成だと思いますが、
居住部分面積は当初目標の32〜33坪を少し上まわった34.6坪となり、
車庫のピロティーや大きな吹抜があるので
施工面積は更に大きくなってしまいました。
工事費が心配です(笑)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。