パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野川の住宅・BOX検査

2015/04/25 Sat [Edit]

3月に上棟した野川の住宅は、規模がコンパクトで
空間構成もシンプルなのに加え、大工さんがとびきり若くて元気なので、
決めなければいけないこちらの宿題をこなすのが大変なくらい
とても順調に工程が進んでいます。
ご主人が上海に単身赴任中なので、先週と今週に奥様、ご主人と
かわりばんこで電気のBOX検査を実施しました。

野川2F

若い大工さんだけあって現場にはポップな曲が流れていました。
音源は例の「マキタ」です。

例のマキタ

SURでは電気配線を施工したり、断熱材を吹く前に
電気のボックスだけを壁に設置した状態で、建物の中を実際に歩きながら、
照明やスイッチ、コンセントの位置をじっくり確認していただきます。
そうしておけば、出来上がってからここにコンセントが欲しかったとか
この照明のスイッチはこっちの方がよかったとかの
ご希望との食い違いが起こりにくいといえます。
それでも出来上がってから多少の変更希望が出ることもありますが、
ご自分で実地で確認していただくと、
そういう不具合は極めて少なくてすみます。

電気BOX

そしてBOX検査と同時に仕上げの確認、外壁などの検討会を行います。
外壁などはなかなか一度では決まらないケースも多いので、
早めの時期からいろいろな気象条件や時間帯で見ていただき、
現場で何度か確認していただいて最終の色やテクスチャーを決めていきます。
(Shi)

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

仕事?遊び?・外房でランチ

2015/04/15 Wed [Edit]

一昨日、雨の中を外房までひとっ走り。
例の温度測定装置(ACALA THERMO)の社長さんから
週末住宅でランチのご招待です。

都心から2時間弱、
外房といっても海からは少し入ったところ、
山は結構深く、むしろジャングルの中。
この写真のようにまわりは深い緑に囲まれています。

ジャングル

建物は緑の海に浮かぶガラス張りの素晴らしいもの、
一切の人工物が見えない別世界です。
デザイン性だけでなく、パッシブソーラーの
コンセプトにもこだわったユニークなものです。

パノラミックヴュー

この圧倒的なビューを実現するために、
徹底的に研究し、日差しや風のシミュレーションを重ね、
急勾配のアプローチ道路まで作って建物の配置を決めたとのこと。
下の写真のようにかなり高い位置にあります。

丘の上

そうそう、肝心のランチですがパスタと新鮮な野菜と
そしてペレットを使うBBQオーブンで焼いた大きな固まりのビーフ!
ランチというよりはディナーのボリューム、
運転がなければワインを飲みながらゆっくり味わいたいところです。
(食べるのに気を取られて写真がありません:笑)

SURの地中熱利用パッシブハウスにもとても関心を持っていただいており、
温度測定装置がたくさん売れたら、地中熱パッシブの家を
建てたいとのことなので、ぜひ実現するように
「ACALA THERMO」
をどんどん宣伝しなくてはいけませんね。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

現場から・発見2題

2015/04/14 Tue [Edit]

順調に進んでいる野川の住宅ですが
先週末のBOX検査のときに発見した話題を二つ。

サッシ取り付け

現場は今、サッシ取り付けの真っ最中。
大きなサッシは定位置に収めるのに一苦労。
大工さんはパズルを解くようにうまく動かしながら収めて行きます。

その作業を見ていたら、サッシを取り付ける柱に
なにやら書いてあるのを発見。

コッチ

サッシの番号や取り付け寸法は良くメモしてあるのを見ますが、
この柱には「コッチ」と書いてある????
これはチョットした謎解きですね。
どういう意味かなかなか分かりません。

と、その時大工さんが
「このサッシはコッチに寄せて付けるんですよね」とひと言。
そう、こっち側に寄せて取り付けると言う覚えのメモだったんですね(笑)

さて、もう一つの発見がこれ。

マキタ

これにiPodやiPhoneをセットして現場のBGMを流すわけですが、
なんとメーカーはプロ用の電動工具でお馴染みの「マキタ」です。
さすがプロ用のヘビーデューティ、思いきりゴツイです。
こんな物まで作っているのですね。

長年やっていてもいろいろ新たな発見があって
現場監理もなかなか楽しいものです。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

友人のオープンハウス・ローコスト住宅のあり方

2015/04/05 Sun [Edit]

友人の設計した住宅のオープンハウスに行きました。
「1000万円のハーフビルドの家」というタイトルが付いてるとおり
かなりローコストな住宅です。

大きな公園に隣接した緑いっぱいの敷地にガルバリウム波板の外壁が
しっくり馴染んで良い佇まいです。

ハーフビルド外観

ハーフビルドとタイトルに付いているように
可能な所は施主自らの施工とのこと。
実際には、電気工事と家具工事が主に施主の工事範囲だそうです。

内部は構造現しでほとんど仕上げ無しですが、
よく練られたプランなので、きれいに収まっています。
ローコスト故と言うこともあるかもしれませんが
開放的で広々とした気持ちの良い空間です。

ハーフビルド内部

そして、何より共感できるのは
日照制御のための庇や、Low-eガラスの採用
フェノールフォームの外断熱や基礎断熱による内部化された床下空間など
温熱環境について最低限やるべき事がきちんとなされていることです。
これで温熱的にはかなり快適に仕上がっていると思います。
十分長期優良住宅レベルにはなっているはずです。

ローコスト住宅の場合、どこにコストを配分するかが
設計者のとても大事な判断になると思いますが、
温熱環境、耐震性、出来るだけ大きな空間をとることをしっかり確保し
また、工事会社がやるべき事と施主が出来ることの線引きが明確な
この住宅はその点でとても良いバランスだと思います。

ともすれば性能を上げるためにはコストアップは当然と思いがちですが
設計者の正しい判断があればいろいろな可能性が広がるものです。

久しぶりに気持ちの良い住宅を見る事が出来ました。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです



Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。