パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築家展で「地中熱利用のゼロエネハウス」セミナー

2014/09/22 Mon [Edit]

9月11日アップの記事でお知らせした代官山の建築家展で、
「地中熱利用のゼロエネハウス」と言うテーマのセミナーをします。

一般のお客様向けに、地中熱利用のパッシブデザインとはどんなものか、
そして、どの程度のコストが掛かり、実際にどの程度の効果があるのか、
実作のエネルギー使用状況のデータも公表します。


地中熱セミナー


時間は
・27日(土)13:30から
・28日(日)15:00から
およそ30分程度を予定しています。
地熱利用のパッシブデザインに興味のある方はぜひお越し下さい。
事前に「こちら」からお申し込みいただくと、
¥1000のスターバックスカードの特典があるそうですので、
振るってご参加下さい(笑)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

ソーラーこはるび・御代田山荘

2014/09/19 Fri [Edit]

御代田山荘の太陽熱集熱パネル「ソーラーこはるび」の
設置が完了したので、その確認と集熱ダクトの取り回しの打合せに行きました。
先日書いた「ソーラー&ソーラー」システムのソーラー集熱装置です。

ソーラーこはるび2

ダクト工事は特別複雑なことをする訳ではないのですが
職人さん曰く「初めてやることだからわかんねえよ!」
ごもっともです(笑)しっかり説明して理解してもらいました。

往きは時間ギリギリだったので現場に一目散でしたが、
帰り道はちょっとノンビリ。
佐久盆地はもう秋、コスモスが咲き乱れ、
稲穂は黄金色に色づいています。

コスモス2

稲穂2


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

ステンドグラスを使います。

2014/09/17 Wed [Edit]

住宅の設計に当たって、以前の家の一部や、手持ちのアンティークを
新居に取り入れたいと言うご希望がよくあります。

今までにも和室の欄間の透かし彫りや床柱を再利用したり、
アンティークの格子や玄関ドアを組み込んだりといろいろな例があります。

今計画を始めたお客様の一番のご希望は
引き戸にはめ込まれたステンドグラスです。

KGステンドグラス

かなり古いものらしく、良い味わいです。
ステンドグラスはやはり透過光で見るのが一番引き立ちます。

家は建て替えて新しくなりますが、記憶は受け継いで行きたいもの。
若いころはこういうご依頼はなるべく遠慮したいと思ったものですが、
それは若気の至りというもの(笑)
いや、ちゃんと処理できる引き出しがなかったということでしょうか。
でも今はむしろ積極的に楽しんでいます。

さてどこに使いましょうか?
まだまだ計画はこれからですから、ベストポジションを見つけましょう。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

まちかど建築家展 in 代官山 9/27・28

2014/09/11 Thu [Edit]

「耐震構法・SE構法」のNDN主催、恒例の「まちかど建築家展」
次回は代官山で開催予定です。
7組の設計事務所が参加します。

建築家展代官山

実作品の模型や写真パネルの展示の他、
建築について、また資金計画についての無料相談も承ります。
SE構法に、そしてSUR都市建築事務所に関心をお持ちの方は
是非おいで下さい。
(相談をご希望の方は時間をご予約いただいた方が確実です。)

・日時 9月27日(土) 12:00〜18:00
    9月28日(日) 10:00〜18:00
・場所 代官山ヒルサイドテラス・アネックスA
    渋谷区猿楽町30−2

ご予約、詳細は『建築家展特設ページ』
http://www.seas-house.jp/machikado/index.html
をご覧下さい。

皆様のおいでをお待ちしています。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

小屋裏スペースとバルコニー

2014/09/06 Sat [Edit]

昨日新しいお客様に、第1回目のプレゼンテーションをしました。
敷地の制約で床面積があまり取れず、
どうすれば4人のご家族がゆったり生活できる空間になるか
いろいろ工夫が必要な計画です。

YGプレゼン図

面積が取れないときは小屋裏スペースの有効活用や
屋外スペースを取り込んで広がり感を演出するなどの方法があります。
今回も小屋裏は最大限利用したいので、少し北側を空け気味にして
北側斜線の影響を出来るだけかわして小屋裏のボリュームを取ります。

しかし気を付けなければいけないのは、この小屋裏についての規制が
自治体によって結構違うと言うことです。
大筋においては、面積が下階の1/2まで、天井高さは1.4m以下、
居住の用途には使わないなどの統一見解があるのですが、
小屋裏に上る階段ないしはハシゴの形状、小屋裏に設ける窓などについては
各自治体の基準はまちまちですし、電気や給排水などの設備の設置や
場合によっては小屋裏スペースとそれ以外のスペースの仕切り方
などについて細かく決まりがある所もあります。

同様の話で広いバルコニーを作るとき、建築面積や延べ床面積に
算入するかどうかという点も各自治体で見解が分かれる所です。
面積不参入の条件として、床がスノコやグレーティングなど
下に抜けていればよいという事も多いですが、
その場合でも他にいろいろな条件が付くケースが多いのです。

そんな事についても事前にしっかり調べながら
許容範囲ギリギリで今回の提案をしました。

東京にいらっしゃる奥様には直接事務所でご説明しましたが、
ご主人は中国に滞在中なので、メールで一式お送りしたところ、
なんと、その日のうちに返信をいただき、
「スゴイです。ワクワクしています」とのこと。

これは、こちらもがんばって更に良い計画になるよう
ブラッシュアップしなければと決意新たにしたところです。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

ソーラー&ソーラーシステム・御代田山荘

2014/09/05 Fri [Edit]

以前にも書いたように、御代田山荘は寒冷地と言う条件に合わせた
いろいろな実験的な工夫をしていますが、
一番のポイントは,冬場の温度キープという事です。

別荘ですから常時居住しているわけではないので、
冬場は凍結防止のための不在時の水抜き作業、
不在時冷え切った山小屋を使用する時に暖める作業など
やっかいな作業が必要になり,ついついおっくうで
あまり使用しないと言うケースが多いようです。
しかしせっかく建てる山荘を冬場も有効利用したいものです。

という事で、この御代田山荘は自然エネルギー利用で
経済的に冬場の温度キープをする仕組みを作ろうというのが
大きなテーマです。

そこでお施主様と相談しながら考えたシステムは、
「ソーラー集熱装置をソーラー発電で動かそう」と言うことです。
ソーラー集熱装置は、日照のある時しか集熱しませんから
その駆動電源にソーラー発電を利用するのは実に合理的です。
これがうまくゆけば,すべて自然エネルギーで、
ランニングコスト・ゼロというわけです。

ソーラー&ソーラー

「ソーラー&ソーラー・システム」とでも名付けましょうか。
このソーラー発電システムは「ベランダ発電」などと呼ばれる
数百ワット程度の安価でコンパクトなものを使います。

しかしこの装置は晴天時しか働きません。
何日か悪天候が続くと寒冷地では氷点下に下がる恐れがあります。
そこで大事になってくるのが「地熱住宅」です。
ソーラー&ソーラー・システムの温風を巨大な蓄熱槽
つまり床下のコンクリートを通じてたっぷり地中に貯めて
簡単には冷めないようにするわけです。

これで、冬場も常時ある程度の温度にキープしておけるので、
水道が凍結しないのはもちろん、使用時もちょっと暖房すれば
たちまち快適な温度まで暖めることが出来ると言うわけです。
その暖房も、薪ストーブの使用を考えていて、
しかも薪にする木も敷地内にたっぷりありますから、
空調に関する限り完全に「自立循環型」の建物になるというわけです。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。