パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の規模と工事費・小さいほど割高

2014/08/31 Sun [Edit]

住宅工事費の坪単価は一般に小規模ほど割高になります。
よく坪80万円とか90万円とか言われますが、
実際に規模によってどの程度違うのか計算してみました。

まず住宅の工事費は、大きく分けて
規模に比例して変わってくる部分と、
規模にかかわらず必要な部分に分けることが出来ます。

キッチン、風呂、トイレなどの給排水衛生工事は、
大きな住宅でも小さくても、家1件分なのでほとんど変わりません。
一方、木造の骨組みや、仕上げ工事はほぼ規模に比例します。

最近の実例を分析してみると、かなりの概算ではありますが
住宅一軒で600万円程度は規模によってほとんど変わらない項目、
残りが規模に比例する項目で、その部分の坪単価およそ70万円ですから、
工事費の内訳は大雑把には以下のような感じです。

・延べ床面積40坪 600+70X40=3400万円 坪単価3400/40=85
・延べ床面積30坪 600+70X30=2700万円 坪単価2700/30=90
・延べ床面積20坪 600+70X20=2000万円 坪単価2000/20=100

つまり40坪の住宅なら坪85万円の工事費が、
同じようなグレードの住宅でも
30坪なら90万円、20坪なら100万円という具合で
坪当たり15万円も違ってきます。

他にも工事費の坪単価を左右する項目はいろいろありますが、
まず規模によってこれほど変わってくると言うことは
十分頭に入れておく必要があります。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
   
スポンサーサイト

古民家再生見学

2014/08/30 Sat [Edit]

友人の設計事務所が手掛けている都内の古民家再生の現場を見学してきました。
古民家といっても田舎の梁をあらわしにしたような豪壮な建物ではなく、
昭和初期に建てられた地主の住居の再生なので、
解体を始めたら時代の関係もあって意外と骨組みは
華奢なもので、慌てて設計を見直したところもあったそうです。

古民家小屋組


でも殆ど平屋で一部2階建てのこの建物は、ある時代の日本の豊かな暮らしを
表現していると建物のなかを巡りながら感じました。
それを今の時代に継承して行くのはクライアントの確かな信念と資金力、
そして古民家再生のプロである設計事務所と
伝統工法にたけた工務店や大工さんの強い協力体制がなければ
到底できないことと実感しました。

基礎も大谷石だったので、土台を2,3ミリ浮かせて古い大谷石を解体し、
コンクリートに打ち替えたそうですが、
聞くだけでも殆どアクロバットですよね。
耐震壁も筋交いではなく、古民家にふさわしい貫工法を採用したそうです。

古民家壁組

春から着工してまだまだ道半ばのようですが、
古民家を博物館的に保存するのではなく、
あたらしい生活の場として再生させるというプロジェクトは
私たちが日々か変わっている住宅設計とはちょっと違いますが、
とても刺激的な試みだと感心して帰ってきました。(Shi)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

1年点検の楽しみ・お社のある住宅

2014/08/26 Tue [Edit]

1ヶ月ほど遅めでしたが、お社のある住宅の一年点検に伺いました。
1年たつといろいろな問題点も見えてくるので
どんなふうに暮らしていらっしゃるか不安もありますが、
1年点検の密かな楽しみは、植栽が育った様子を見ることです。

SURは庭づくりを一つの大きなテーマにしていて
いつも建物と一体となった外構計画をたてるのですが
残念ながら建物の引き渡し時にはまだ十分に緑が繁らないので
半完成で手放してしまうことになり、ちょっと心残りなのです。

それが1年経てばかなりイメージに近い状態になるので、
再会がとても楽しみなのです。

アプローチの緑
出迎えてくれたアプローチはちょっといい感じ!

芝生
南の庭は芝生が見事。ご主人の丹精の結果です。

OFFICEの緑
ここは奥様のインテリアオフィス。
打合せスペースから地窓越しに坪庭の緑が見えます。

他にも、和室から見える坪庭や、玄関の縦スリットから見える緑など
いろんな視点から庭を楽しむ事ができ、大変喜んでいただいています。

一年点検は、良くある立て付け調整もほとんど必要なく、
壁の珪藻土の亀裂もまったくありません。
なかなか良い状態で安心でした。
むしろ外観などはこれから少し古びた方が、緑に馴染んで良いかもしれません。
年を経るごとに味が出てくると良いのですが。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

屋根の通気・御代田山荘

2014/08/21 Thu [Edit]

今回の御代田山荘は,地元の工務店とのコラボという側面があります。
寒冷地なので,東京近郊とは勝手が違うところも多々あり,
協力をお願いしています。

頑張っている地場の工務店にはなかなか優秀なところがあり
今回施工をお願いしている「セイケンハウス」も若い2代目社長が
いろいろ工夫して意欲的に独自のやり方を模索している工務店です。

さて、屋根の通気層ですが、東京では暑さ対策がとても重要なので
SURの仕様はかなりヘビーデューティで、2重野地に
遮熱フィルムをプラスしたものですが、御代田では
夏対策よりは冬がずっと重要なので、ちょっと合理化しました。

工務店がよく使っているという通気用の部材を採用し
野地は2重にしていません。
下の写真の天井の白い発泡スチロールの部材がそれです。
この下にウレタン断熱材を吹くわけですが
この部材で野地板との間に空間を確保して通気層とします。

屋根通気

これで通気層はしっかり取れそうです。
残念ながら熱反射層はないので少し遮熱性能は落ちるかもしれませんが
気候が東京よりずっと涼しい御代田なら十分で、
その分むしろ断熱をしっかりした方が良いようです。
屋根断熱は東京より更に強化します。

高岩山

往き帰りは上信越自動車道を通るのですが、現場近くは
「妙義荒船佐久高原国定公園」で、独特の荒い山容が面白いところ。
今日は晴天で高速道路はちょっと観光気分。
この山は軽井沢インターの近く、「高岩山」だそうです。
あまりにも即物的な名前、
なんか一工夫欲しかったと思ってしまいます(笑)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

用賀の二世帯住宅・ベンチマーク

2014/08/20 Wed [Edit]

現場での工事の第一歩は、敷地を確認して
どの位置に建てるかを決めることです。

斜線制限など様々な法規制とも関係しますし、
狭い敷地の場合は工事が上手くできるのかという問題もあります。
また、電気、上下水などの配管経路も確認しなくてはいけませんが、
まずは敷地境界がどこかという確認が本当の第一歩ですね。

その上で建物の位置をどうするか決める訳ですが、
位置を決めるといっても、大きく二つの要素があります。
一つは平面的な位置、もう一つは高さです。

さて、今回の住宅、平面的な位置は下の写真のように
敷地に余裕があるので、あまりシビアに考えなくても大丈夫なのですが、
高さ方向は敷地に高低差があり、南と東2方の道路もかなり傾斜しています。
その中でどう基準の高さを決めるかはけっこう難しい問題です。

解体後敷地

高さ方向を決めるときは、どこか基準となる場所を決めて、
そこから何ミリ高い、低いというふうに計って行きます。
その基準となる場所を「ベンチマーク」と呼びますが
多くの場合道路上のマンホールを基準にします。

この住宅の場合も南東角の道路にあるマンホールを基準に測量して
決めているのですが、現場に行って再確認すると、なんとその位置に
2つマンホールがある!!
工務店の監督さんと、「多分こっちだよね」と予想はしたものの
間違っていたら大変ですから、事務所に帰って測量の資料をチェック。

ベンチマーク

予想どおり道路中心に近い大きい方のマンホールが基準でしたが
まさか、マンホールが二つあるとは思わず、少々あわてました(笑)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

OZONE実施設計完了確認・難波田城の住宅

2014/08/17 Sun [Edit]

久しぶりのOZONEコンペの住宅が無事実施設計完了し、
今日はOZONEで実施設計完了確認でした。

この住宅は畑の中のゆったりした敷地に建ち
建ぺい率、容積率、斜線制限や防火規制など
ほとんど法規の制約を受けず、予算的にもあまり無理のない
伸び伸びと設計できる条件です。
何も無理をせず、普通に設計して成立するときは
変に一ひねりせず素直に建てるのが一番良いという
SURのモットーをそのまま実現できる好条件です。

OZONEの「実施設計完了確認」というのは実施設計の内容が
きちんとクライアントに伝わっているかを確認するのが主な目的で、
OZONEが用意しているチェックリストに沿って
コーディネーターといっしょに項目ごとにチェックして行きます。

このチェックリスト、そしてOZONEの実施設計完了確認という
プログラム、以前にもちょっと触れたことがありますが
なかなか良く出来ていて、かなりきちんと落としがないように
事前に十分説明しているつもりでも、このような場で改めてチェックすると
必ず一つ二つ抜けがあることに気がつくものです。
今回も重大な問題ではありませんがやはり打合せ不十分な項目に気がつき、
2、3のポイントについて再確認することになりました。

大きな問題ではないと言っても、数千万円の一生に一度有るか無いかという
大変な買い物、そして人生の一大イベントですから
このようなシステムで少しでもミスを減らすようにすることは大事で
OZONE以外のお客様の場合も大いに参考にさせてもらっています。

というわけで、決して安くない料金が掛かるようですが
OZONEの家づくりのシステムというのは一般の方にとって
十分価値のある、頼りになるシステムと言えると思います。
まあ、私どもの事務所としてはOZONEには大変お世話になっているので
悪口は書けませんが、ウソではありませんよ(笑)

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

洗濯乾燥機もヒートポンプ

2014/08/15 Fri [Edit]

我が家の洗濯機が壊れてしまいました。
サービスマンに見てもらいましたが、修理不能とのこと。
10年近く使ったドラム式の洗濯乾燥機ですが、
ドラムに亀裂が入って水漏れという重傷。

この季節に洗濯機無しでは三日と持たないので
あわてて購入しなくてはと言うことで
どれがよいかいろいろ調べた所、最近のものの性能アップは
なかなかすごく驚きました。

ともかく大きくなって嵩張っていやだ
という印象しか持っていなかったのですが、
実際に我が家に収まった所を見るとそうでもない。
これで容量は洗濯9Kg、乾燥6Kgと今までのものの
1.5倍ですからそれを考えるとむしろコンパクト。

    洗濯乾燥機
そして消費電力がかなり少なくなって、
特に洗濯から乾燥までのサイクルの場合だとなんと1/3です。
容量が1.5倍になったことも考慮すると
ほとんど1/5の電力ということになります。
しかも時間もかなり短縮されて1/2〜2/3で仕上がります。

これは各部が少しずつ改良されているのはもちろんですが
乾燥に電熱ヒーターに変わってヒートポンプが採用されたことが
非常に大きな要素になっているようです。
さらに使用水量もかなり減っているようですし、
音もかなり静になりました。

ともかくここまで進歩しているのかとかなり驚きました。
よく、エアコンや冷蔵庫は進歩してどんどん効率が良くなっているから
無理に古いものを使うのはお勧めできないと言いますが、
これは洗濯乾燥機にも当てはまります。

壊れるまで使うのも一つの見識なのですが、
一体どのあたりで買い替えるのがベストなのか、
いろいろな要素のバランスでしょうが、
難しい判断ですね。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

イタリア大使館別荘・日光中禅寺湖

2014/08/14 Thu [Edit]

この夏休み、中禅寺湖畔の「イタリア大使館別荘」を再訪しました。
10年近く前、雨の日に一度訪れたのですが、
その美しい佇まいに魅了され
天気のよい日に是非また行ってみたいと思っていました。

離れた駐車場に車を駐め、10分ほど湖畔の遊歩道を歩きます。
このアプローチが気持ちが良く、秀逸です。
建物は湖に面した素晴らしいロケーションにあり、
一帯は公園として整備され付属屋なども復元されています。

イタリア大使館別荘5

建物はアントニン・レーモンドの設計、昭和3年の建築です。
2000年に修復され、公園として公開されました。
内外装とも杉の皮で仕上げられており、
2色の杉皮が市松に、またストライプ模様に使い分けられ、
80年前とは思えないモダンなデザイン、
いかにもイタリアといった洒落たデザインであるにもかかわらず
緑と水に囲まれたロケーションにしっくり馴染んでいて違和感がありません。

イタリア大使館別荘2

レーモンドはライトの弟子で優れた建築家ではありますが
こんな洒落た建物は他に知りません。
少なくとも私にとっては、レーモンドの最高傑作だと思いますし、
数ある建築の中でも特に好きな建物です。

ここにいると時間を忘れます。
建物前の湖畔を散策するのも良いですし、
建物内の縁側の安楽椅子に座り湖が刻々と様子を変えるのを
ただぼんやり眺めているのも贅沢な時間です。

イタリア大使館別荘1

イタリア大使館別荘3

夏休みの午後の一時、
この気持ちの良い建築と共に過ごした時間は
とても幸せな時間でした。

イタリア大使館別荘4

(写真はクリックすれば拡大します)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

夏休みのお知らせ

2014/08/09 Sat [Edit]

SUR都市建築事務所は、
本日8月9日から17日(日)まで夏休みです。

仕事もちょっと一段落で、
今年の夏は少しのんびりできるかなという所ですが、
今日は資料など取りに事務所に行きました。
17日も打合せの予定がありますので、
実質的には休みは10日から16日までですね。

まあ、相変わらず「貧乏ひま無し」です(笑)
皆様も楽しい夏休みをお過ごし下さい。

新潟・田んぼ



<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

御代田山荘・上棟しました

2014/08/09 Sat [Edit]

着工したらどんどん進みだした御代田山荘、昨日上棟式でした。
隣町の軽井沢は夏の間工事禁止なので、その分、御代田山荘には
大勢の大工さんが入って一気に進みそうです。

上棟式は昨日でしたが、じつは建て方は6日に済んでいて
昨日の段階ではもう屋根の野地板はもちろん、防水紙や外壁下地、
間柱もかなり出来ていました。(下の写真は建て方当日)

御代田上棟

建ち上がってみると、予想どおり?、
ゆったりと横に広がったプロポーションが優雅で良い感じ。

東京から現場まで、車でおよそ2時間半、
軽井沢の隣町になる御代田町ですが、軽井沢の喧噪や湿気を嫌って
最近は御代田が人気のようです。
今回のクライアントのご友人二人も御代田に計画中とのことで、
ご紹介下さるそうです!
御代田に「SUR村」を作りましょう(笑)

さて、わたしは現場監理にいつも車ですが、
もう一人のSUR、篠崎は今回は
「こんなかわいい、しなの鉄道」で、行きました。

シナノ鉄道

別荘などのちょっと遠い現場は、大変ではありますが
近郊の現場とは違ったいろいろな楽しみもあります。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
Older Entries

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。