FC2ブログ

パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の午後はお勉強

2013/06/24 Mon [Edit]

今日午前中は、無事竣工した「お社のある住宅」の引き渡しでした。
これについてはすぐ竣工写真の撮影をするので、
あらためてお伝えしますが、
午後は都内へ飛んで帰って、中野でお勉強(笑)
「改正省エネ法」についてのセミナーです。

改正省エネ法というのは文字通り建物について省エネを推進する法律です。
今年はじめに施行されましたが本格的な移行は再来年春の予定で
2020年からはその内容に沿った建物とするよう義務化されます。

さて、今回のセミナー、講師は南雄三さん、この方、多方面に活躍されていて
正しい肩書きはよくわからない(笑)のですが、
今回の基準作りにもタッチされていて、省エネ住宅のご意見番と言ったところ。
著書も何冊か読んでいますが、共感するところも多いです。

改正省エネ法

さて、改正省エネ法の内容ですが建物の断熱性能に関する部分は、
いままであった次世代省エネ基準をベースにしているので大きく変わりませんが
住宅の省エネ性能を評価する手法がかなり変わりました。
つまり、建物の性能だけでなく、そこで使われる様々な機器の性能もチェックし
また、太陽光発電についても評価に要素に加えて
総合的に省エネ性を評価しようというものです。

その評価法によって評価する省エネ性能を
基準値以上にしなければいけないことになります。
その評価方法についての講義が、今日のメインテーマですが
具体的に住宅に適用する場合は、今まで省エネ性能の向上、長期優良住宅の取得
などなど、事務所の大きなテーマの一つとして取り組んできたので
特に目新しいことはありませんでした。

今日の講義の中で、一番共感したことが一つ。
「冬の朝起きた時の温度は15°もあればいいじゃないか」という話。
これは改正省エネ法とは直接関係ない話なんですが、
いくら住宅の性能を上げても使い方次第と言うことなんです。

冬に24°25°にしていたのではいくら住宅の性能を上げても
それなりのエネルギーを使います。
でも、陽が当たれば20°をすこし超え、日が沈めばすこし温度が下がり
朝起きる時は15度程度、また陽が昇れば暖かくなって・・・
と言う程度でよしとすれば、ずいぶんエネルギー消費が違うという話です。
確かに睡眠中はすこし温度が低くて構わないので、とても合理的な考え方です。

SURでも、かねてから「冬あたたかく、夏すずしく」ではなくて
「冬寒くなく、夏暑くない」住宅をめざすと言ってきました。
このことと通じる考え方ですが、
高蓄熱で24時間温度変化がきわめて少ないことが
今まで地熱住宅の特徴としてきましたが、より省エネをめざすには
すこし修正する必要があるかもしれません。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。