パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電・もう慣れてきた・・・?

2011/07/30 Sat [Edit]

このところ節電でどこへ行っても以前より照明が暗いし
冷房温度も高めのようですが、もう慣れましたね。
事務所も出来るだけ不要な照明は消したりしていますが
それも自然になってきました。

やはり今までいかに無駄をしていたかという事でしょうか。
ちょっと心掛ければすぐに10%や15%の節電は
難しくないように思います。

今までは需要も増やす、発電も増やすという拡大志向でしたから
これは大きな方向転換ですが、本気でやってみれば
実は大したことはない。
実際、今のところ夏場の計画停電は必要になっていません。

さらに様々なものの省エネ化を進めれば25%ぐらいは
そんなにガマンしなくても遠からず出来そうです。

だったら、発電量が少々減っても大丈夫。
原発に頼る必要もないし、CO2の削減だって
自然に出来てしまう。自然エネルギーの開発だって
そんなに焦らなくても間に合いそう。

何の事はない、そういう方向性がなかっただけ、
誰もやってみようとしなかっただけで、やるつもりなら意外と簡単
というのは良くある事です。
ただ、そのきっかけがなかなかつかめない。

たしかに大震災、そして原発問題と大変な事態ですが
これをきっかけにして、方向を転換したいものです。
経済の面では一時的に苦しい事もあると思いますが
長い目で見てここで方向転換する事は必要だと思います。
日本が先頭になって切り拓いて行くチャンスかもしれません。

SURとしても、ますます省エネ住宅に磨きをかけると同時に
この省エネ住宅という事が、単にクライアントにとって
金銭負担の少ない住宅という事だけではなく、
これからの暮らし方に関わる事だという意識を持って
取り組みたいと思います。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

ウレシイ!!

2011/07/29 Fri [Edit]

先日設計契約がすんで、いよいよ本格的に動き出した久が原の住宅、
今日は、この計画に関係する人たちの顔合わせをしました。

単に効率を求めるのではなく、人のつながりを大事にしたいとの
クライアントの方のご意向で、通常の「施主・設計事務所・工務店」
という組み合わせとはちょっと違った進め方になりますが、
SURでは、普段の計画でもかなり分離発注をしていますから、
あまり違和感はありません。

難しい面もあるかもしれませんが、
一つの目的に向かってチームで仕事をするのも面白い経験だと思います。
うまく機能するように、しっかり調整して行きたいと思います。

・・・・・・・

そして、きょうはうれしい知らせが一つ入りました。
先日のOZONEのコンペ結果です。
SURを選んでいただけたとの事。

ちょっと前に書いたように、このところ不調で、
連敗を喫した後だけに、この結果は手放しで嬉しいですね。
素敵なお客様です。頑張りたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

久しぶりに・・

2011/07/27 Wed [Edit]

WEBブラウザをバージョンアップしたら
何故かブログページに日本語入力が出来なくなってしまい
ブログのアップが出来ないまま数日経過。

仕方がないので違うブラウザソフトでアップしようとしたら
こんどはブログのWEBサーバーがメンテ中とかでアップできず
書き直すはめに・・・・・で、やっと今日、久しぶりの更新です。

きのう、新しいOZONEコンペのお客様の敷地を確認に大岡山へ。
駅前が我が母校、東工大です。
再開発され、すっかり様子が変わってしまいましたが
改札を出ると・・・・・・・

ありました!!
東工大百年記念館
私の恩師、篠原一男先生の「東京工業大学百年記念館」です。

相変わらず駅前で思い切り目立っていますが、
心なしか以前より町並みになじんでいるような・・・。

久しぶりにキャンパス内に入ってみると
これが最近竣工した図書館です。
東工大時計塔
書庫部分を地下にするなど、省エネに配慮した建物とのこと。
建物自体も悪くないですが、ランドスケープデザインが
今の時代を感じさせます。

本館の時計塔への軸線を意識した配置ですが、
ダイレクトに軸線を強調しているわけではなく、
地下の書庫部分のうえが土盛りして丘になっていて、
そこから時計塔が遠望できるという構成。

そこに植えられているのが近隣の草花の種を育てたという
「野草の庭」、メンテナンスが大変かもしれませんが、
きれいに花が咲いていて、とてもやさしい雰囲気です。
以前の国立大学という硬いイメージとは大きく変わりました。
東工大野草の庭

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです





そよ風セミナー

2011/07/22 Fri [Edit]

今日の午前中は、環境創機の「そよ風セミナー」でお勉強。

そよ風というのはOMソーラーの流れをくむパッシブソーラーシステムで
リーズナブルな価格でオープンなシステムをとっており、
開発者の友さんとお会いして話を伺った事もあって
以前から関心を持っていたのですが、
きちんと勉強するのは今回が初めてです。

そよかぜ

ダクトで建物全体の空気の循環を促す点や
夏場の涼風の取り入れも視野に入れている点など
私の事務所のやり方と共通点も多く
なかなか優れたシステムだと感じました。
参考になる事も多くあります。

ただ、あえて疑問点を挙げると
1.集熱面が屋根面(しかもほぼ全面)のため
太陽光発電と両立しにくい。
2.システムとしてはかなり洗練されているが
建物全体で考えるという視点が薄い。
3.地熱利用という考えがなく、蓄熱を
一日単位でしか考えていない。
などの点を感じました。

2,3については、建物の設計者の立場から
解決すればよい問題なのであまり問題ではないのですが、
1については、これからのエネルギー問題の推移によっては
結構致命的かもしれません。

また、屋根勾配は通常、夏の日差しについて効率の良い角度で、
太陽光発電にはもってこいの角度ですが、
太陽高度が低い冬場の集熱には
もっと垂直に近い方がよいわけです。

したがって、屋根は太陽光発電スペースにして
集熱は垂直面のソーラーウォールと使い分けた方が
良いようにも思います。
そもそもダイレクトゲインが十分な場合なら
集熱パネルの必要性も小さいはずです。

しかし、技術者の集団なので
機械装置および制御面ではずっと洗練されたシステムで
この辺をうまく取り入れられると良いと感じました。

SURの地熱利用システムの今後の課題です。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

私とパッシブソーラー・5「地熱利用その1」

2011/07/21 Thu [Edit]

しばらくお休みしていた「私とパッシブソーラー」シリーズ、
なんと1月9日以来ですね。

今回は、「地熱利用」と言う事を考えるようになった経緯です。

そもそものきっかけは、基礎の断熱方法についていろいろな資料を見て
研究していたときの事です。10年ほど前の事でしょうか。
北海道や東北などの寒冷地での手法として、
木造基礎の外断熱が提唱されはじめた頃です。

それらの研究成果のなかに、基礎を外断熱とした場合
土間スラブ下は断熱する必要がないという記述がありました。
どなたの研究だったか忘れてしまいましたが、
北海道の研究所か大学の先生だったように思います。
信頼の置ける実験結果でした。

それまでは、床下は当然断熱するものだと思っていました。
基礎に床下換気口があって外気とツーツーの日本の住宅では
床下からの熱損失はかなりの物です。
ですから、床下を断熱しないで良いというのはかなりの衝撃で
理論的根拠が分からず、にわかには信じがたいものでした。

しかし、基礎を外断熱として床下空間を室内化すれば
土間スラブ下を断熱する必要がないという事が実験データで
示されていたので、これは一度試す価値があると思いました。

こうして、地熱という事を意識する前に
基礎を外断熱化してスラブ下は無断熱というやり方が浮上してきたのです。
以後の住宅では、SURオリジナルの「ESフロアヒーター」は
思い切ってスラブ下断熱無しになります。
結果は上々で、少なくとも「断熱した場合より悪いという事はない」
と確信できました。

(その2へ続く・・・予定です)

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

書かないわけにはいかない!!

2011/07/18 Mon [Edit]

今日は早朝からお祭り騒ぎ。
テレビはほとんど一日中その事ばかり。
ブログやツイッターも日本中その話題であふれている事と思いますが
でも、やはり書かないわけにはいかない。

もちろん「なでしこJapan」のことです。
本当にすばらしい戦いをしてくれました。
それにしても宮間の1点目といい、澤の2点目といい
男子サッカーではあの場面ではなかなか
点を取ってくれそうにない(笑)

日本チームは技術的にも世界一にふさわしいものを持っている
という事ですが、なによりも精神的な強さが素晴らしい。
でも精神的な強さって何なのでしょう。
単に気持ちを強く持とうと思って、持てるなら
こんな簡単な事はないですが、やはり練習に裏打ちされた
自信があればこそなのでしょうね。

よく「勇気をもらう」とか「元気をもらう」とか言います。
ちょっと軽い言い方であまり好きではなかったのですが
今回ばかりは本当に「もらってしまった」ようです。

ともかく手放しでおめでとうと言いたい快挙ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、余韻さめやらぬうちに、午後は緑陰に浮かぶ住宅へ。
OZONEの中間時の現場確認です。
今回は、現場確認員の方だけでなく、
コーディネーターの方もおいでになって、現場確認後も
しばらく色々と楽しく談笑しました。
ただ、台風が近づいているのが心配です。
現場もシートを下ろすなど台風に備えました。
大きな影響がなく通り過ぎてくれるといいのですが・・・。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

楽しいコンペ?

2011/07/17 Sun [Edit]

今日の午前中はOZONEの3者コンペでした。
圧倒的勝率を誇ってきた(笑)SURですが、
このところかなり不調。

ちょっとコンペ慣れして謙虚さが足りないかな、
などど反省しているのですが、
まあ考えてみるとそもそも確率1/3なのですから
今までたまたま運が良かっただけかもしれません。

しかし、勝てばもちろん嬉しいのですが
負けたときも、後味が良い場合と悪い場合がありますね。

この案なら負けてもしょうがない「マイリマシタ」という場合。
案では負けていないと思っても、キャラクターには「マケマシタ」という場合。
この場合はスッキリあきらめがつきます。

でも、どちらも負けてないぞという場合がたまにはあります。
それなのに負けると、ちょっと尾を引きますね。
もっとも、冷静に考えてみるとそんな場合は
こちらの「読みが足りなかった」という事のように思います。
つまり、クライアントの望んでいるものを読めなかったという事です。
これは、「相性」という言葉が適当なのかもしれません。
個人の住宅ですから、それはとても大事な事です。

さて、今日のコンペですが競争相手の方たちも楽しい方たちで
良い雰囲気でプレゼンが出来ました。
案については三者三様、かなりバラエティに富んだ提案でした。

SURとしては、恵まれた敷地条件を素直に生かした
地熱利用のパッシブソーラーのおおらかな空間の提案です。
素直でおおらかな提案でうまく行く条件の時は
小細工はしない方が良いというのが私たちの基本方針です。

クライアントはどのように評価してくれるでしょうか。
ドキドキしながら結果を待つ事になります。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

インターナショナル

2011/07/14 Thu [Edit]

今日はいきなりクイズから!

さて、これは何の写真でしょう?

屋根通気:トンネル

ヒントは下の写真。

屋根通気

そう、屋根面の通気層です。
屋根の野地板を2重に貼って、その間に30ミリほどの空間をとります。
空気層の下側には、熱を反射するシート。
この住宅は片流れのシンプルな屋根ですから
今の段階では通気層が見通せるわけです。

インターナショナル

ところでこのごろ、使用する構造材にも必ず産地などのデータを書いた
シールが貼られていますが、この住宅の柱材は「メードイン・オーストリア」
合板は「秋田」でした。
国際的ですね!!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

都市の庭・札幌「大通り公園」

2011/07/11 Mon [Edit]

だいぶ前の話になってしまいましたが、4月から6月にかけて、毎週北海道に
出張していました。東京で以前住宅を設計したクライアントの
札幌のマンションのリニューアルの設計監理で、あまり大きな仕事では
なかったのですが、SURとしてはめずらしい『BEFORE AFTER』の仕事で
いろいろいつもとは違う楽しい体験をしました。
そのBEFORE AFTERの内容もかなりの激変でこんどWORKSに載せたい
のですが、その意識があまりなかったので、BEFOREの写真をほとんど
(細部の写真ばかりで)撮っていなかったのがつくづく悔やまれます。
(これだけは絶対にあとからねつ造もできませんからね)

いずれにしても毎週毎週東京から遥か離れた北海道に出張するという体験は、
滅多にできることでないので肉体的には大変でしたが、やはり一度かぎりの
旅行と違ってその地方の空気や雰囲気が肌で感じられてとてもおもしろかった。
おかげで今年は東京と北海道で2回春を味わえましたし、札幌ではどんなに
寒くても、東京以上にみんな春は春の格好をし、夏は夏のスタイルを貫いている
のには感心しました。5月の札幌では10度でも皆春の服を着ているのに、
戻った18度の東京でフリースやダウンを見かけました。
札幌の職人さん曰く、北海道の人間は毛穴が違うから夏の東京には行けないと。
昨今の東京の暑さを体験したらみんなびっくりすることでしょう。

さて、北海道で一番印象に残ったのは、札幌の「大通り公園」です。
皆さんもよくご存知の「札幌雪祭り」で有名なあの大通り公園です。
この公園は札幌市の本当の中心部を東西数百メートルに貫くまさしく
ストリートガーデンで、西の端に建っているテレビ塔から見渡せるので、
あの見慣れた映像がよくTVなどにも映ります。
出張の最初の頃は打ち合わせだけで余裕もなく、ラーメン一杯食べる暇も
なかったのですが、さすがに10回も行くうちには何回か札幌市内を巡る
チャンスもあり、何回か大通り公園にも行きました。

大通公園1

都市の真ん中にこのような贅沢な緑の太いラインを設けるということは
素晴らしい発想です。春、緑が芽吹き始め、5月にはライラックが咲き、
だんだん濃い緑に覆われて行く・・季節が巡るたびに息づく変化が楽しめます。
冬が雪に閉ざされるだけに緑に対する希求も強いでしょうし、街の真ん中に
あるので、お昼休みにランチを食べたり、仕事帰りにぶらりと散歩したり、
フットサルをしたりと本当に街の中での在り方が素晴らしい!!
もちろん都市のスケールがちょうどいいサイズということもあると思いますが、
東京のどこか真ん中にあんなストリートガーデンがあったらどんなにいいか。
北海道だから土地が広いからできるということだけではなく、東京にも
日比谷公園や新宿御苑や代々木公園や明治神宮など緑はいっぱいあるのに、
少なくとも私の生活にはいっさい関係がありません。
在り方とすれば神宮外苑が一番近いかもしれませんが、もっとずっと日常性が
高いですし、この季節にはヒートアイランド対策としても効果が期待できます。

TVで見慣れているし、有名だからあること自体には驚かなかったのですが、
何回か歩くたびに「あ、いいな。なんて気持ちがいいんだろう」と思い、
これこそが都市の庭のひとつの形だなと認識しました。
そして巾があまりないので夜歩いていても、公園の怖さがほとんどありません。
すごく都市計画のマスタープラン的な発想の形なのですが、両側の道路の
スケールもいいのか、実に生きてますね。決して絵に描いた餅のグリーンベルト
に陥っていません。そして不思議なのは、意外とこの形式が他にはないことです。
都市計画的にみればいわば陳腐な形ですがもっと典型的なタイプになってもいい
ように思うのは私だけでしょか?

大通公園2

庭作り大好き人間の私のささやかな発見のお話しでした。
みなさんも札幌大通り公園を歩いてみたくなったでしょう?(shi)

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

あまりにも悲しい日本の政治

2011/07/09 Sat [Edit]

今日のブログは、文責はすべて浦田個人にあります。
・・・・・・・・・・・・・・
最近の日本の政治、本当に悲しい状況です。
自民党政権の末期からかなりヒドイ状況になっていましたが
そのひどさが特に震災以後際立っています。

私は菅首相を批判する気にはあまりなれません。
浜岡原発を止めただけでも評価して良いとおもいます。
むしろ、周りのひどさ(与党野党にかかわらず)
というよりは、政治全体のひどさが問題です。

震災直後、菅首相が谷垣総裁に連立を持ちかけたが断られた
という事がありました。
根回しもなくいきなり電話での要請が非常識だとか
自民党内の力関係だとか色々取りざたされましたが、
これには本当にがっかりしました。
少々手順がどうであれ、他人の意見がどうであれ
今は本当に協力が必要な時のはずです。
「菅さん、こういう事はいきなり電話で言うことではないですよ。
でも、この非常事態です。最大限の協力は惜しみません。
互いに頑張りましょう」と答えていたら、
そして実際に協力して事に当たってくれたら、私としては
「野党になったとはいえサスガに長年政権党だったことはある。
民主党次第でいずれまた政権を担当してもらってもいいな」
と思ったことでしょう。

そして、もうひとりガッカリは小沢一郎です。
この人は震災以後、批判するだけでなにもしない。
政治資金問題があるとしても、
「立場上表だった協力は出来ないが、出来ることは何でもするから」
と言って、積極的に動いてくれたら、
「さすがに実力者だ。政治資金のことの決着がついたら
復帰もあるかな」と思ったかもしれません。でも
今としては、もう決して復帰させてはいけないと思っています。

今の政界で最も重要な鍵を握っている人たちの対応が
この程度です。本当にがっかりしました。
菅さんに少々問題があろうと、それを補い助け、協力して
事に当たろうという姿勢が感じられる政治家がほとんどいない。
まがりなりにもみんなの総意で選んだ人のはずです。
それを引きずり下ろすことばかり考えているというのが
そもそもまったくおかしい。
ならば選んだ人が責任をとれと言いたくなります。
国民のためにと言う姿勢などまったく感じられない。

そしてマスコミ、ジャーナリズム。
揚げ足取りばかり、批判ばかりで前向きな方向性が全くない。
夕刊紙の見出しなど、恥ずかしくて見るに堪えない状況です。

でも、一番悲しいことは、それらの政治家を選んだのは
私たち自身だし、マスコミがそのような状況になってしまったのも
それを喜んで受け入れる私たちがいるからこそだと言うことです。

日本では、人間関係を円滑に進めるためには、あまり政治的発言は
しないと言う不文律があったように思います。
実際このブログでもほとんど触れませんでした。
しかし、自分達自身で作ってしまったこの状況を少しでも
変えて行くために、それではいけないのではないか、
もっと発言しなくてはいけないのではないかと
このところ思い始めています。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
Older Entries

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。