パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォームか?新築か?

2010/11/29 Mon [Edit]

リフォームをしたいという依頼を時々頂きます。
今までにマンションの内装、一戸建てともに数件設計しました。

マンションの場合はいわゆる「スケルトン・インフィル」で、
一般にどこまで手を付けるか明快なので、割り切れるのですが、
問題は一戸建ての場合です。

というのも、リフォームというのは意外にコストのかかるものだからです。
もちろんちょっとした化粧直し程度なら大したことはないのですが
少し古い木造住宅の場合、耐震補強、断熱補強が必要になります。
その場合もう少し予算があれば新築が可能というほどコストがかさみます。

例えば延べ床面積30坪程度の場合、耐震補強、断熱補強まですると
工事費は1500万円を超え、場合によっては2000万円近くになります。
耐震補強、断熱補強のためにはほとんど軸組だけにする必要があり、
仕上げ材の解体費用もばかになりません。
新築の場合坪単価70万円なら贅沢は出来ないものの
耐震性、断熱性の点では十分な住宅が可能です。
70X30ですから約2100万円で新築可能という事になります。
リフォームとの差額は大きくても500~600万円です。

これをどうとらえるかなかなか微妙なところです。
この金額差はどうしようもない場合も多いでしょうし、
むやみに壊さず、使えるものを使わないのは
もったいないという考え方も当然あります。

しかし一方では、この金額差では埋まらないほど
リフォームには限界があります。
プランが自由にならない事はもちろん、耐震補強にせよ断熱補強にせよ
やはり新築時からきちんと計画したものにはかなわないのです。
さらに、私の事務所が提案しているパッシブソーラーとなると
ますますリフォームでは限界があります。

結局判断はケース・バイ・ケースにならざるを得ません。
ベースになる建物がどの程度物理的にしっかりしているか、
また、クライアントが何を望んでいるか、予算はどうなのか、
様々な条件を多角的に検討する必要があります。

リフォームか新築か、これはいつもとても難しい判断です。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG


スポンサーサイト

現場記録写真

2010/11/26 Fri [Edit]

蔵のある住宅、先日上棟したのでこれからは毎週定例打合せがあります。
昨日は、野地板(屋根の下地板)が完了したので、その確認です。

屋根現場写真
監督は屋根に登って現場記録写真の撮影。きまってますね!
こうでないと現場監督は務まりません。
この様に現場では各工程ごとに記録写真を撮っていきます。

私は?・・・なんとか屋根面が見えるところまで足場を上がりましたが・・・・
この写真が証拠です(笑)


合板の表示
木材にはこの様な国産材である事を示すスタンプやシールの表示があります。

この住宅、長期優良住宅の「木の家促進事業」の補助金を受けているので
木材の多くの部分が国産材です。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG


南仏旅行から・19「Arlesの街」

2010/11/25 Thu [Edit]

南仏旅行シリーズ、アルルには2泊しました。
引き続きアルルの街を少し探検してみましょう。

起点は前回のサン・トロフィーム教会のあるリピュブリック広場です。
広場

ここはこの街で一番?有名な、「ゴッホのカフェ」
ゴッホのカフェ

これは別のカフェですが、看板が素敵ですね。
看板

巨大なパエリヤ鍋。「あとで食べようね」と街を一回りしてきたら
キレイサッパリ、売り切れてしまって食べ損ないました。
パエリヤ

緑の十字はフランスの薬局のマークです。
薬局
目立つ看板で、あちこちでよく見かけます。

(写真はクリックで拡大します)

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG

現場の風景

2010/11/24 Wed [Edit]

火曜が現場定例打合せの神之木台の住宅、
昨日が祝日だったので今日に変更です。

配管立上り

天気も良く、朝日が何となく気持ちの良い現場の風景。


作業台

そして気がついたのがこの作業台。
現場ではこの様な自作の組み立て式の作業台がよく使われますが、
これはわざわざ下側が曲線にカットされていて、
しかもアクセントに真ん中に小さな丸穴が。
左にある小型のものは中央が大きな円にくり抜かれています。

なかなか洒落たデザイン。

大工さんに聞いたら自分のデザインだとの事。
昨日は構造設計とデザインについて触れましたが、
大工さんもデザインセンスは大切です。

若い大工さんですが、なかなか優秀(少なくともデザインセンスは)
いや、大工の腕も確かですよ!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG

構造家の自邸

2010/11/23 Tue [Edit]

もうすぐ着工する人形町のビルの構造設計をお願いしている縁で
日本を代表する構造設計家の一人である梅沢良三さんの
オフィスと自邸を見学させてもらいました。

建築雑誌などにはたくさん掲載されていたのでご存じの方も多いと思いますが
どちらも構造は厚さ100ミリのスティールのサンドイッチパネルだけで
構成されています。
内部にウレタンを充填したこのパネルは外部側が耐候性鋼板で、
あいだに折板をはさんで内部側もスティールプレートです。
構造であると同時に外装、内装材であり、
屋根と床も同じもので構成されていて、
あと設備を加えればこれだけで建築が成立してしまうという、
実にシンプルかつ合理的なものです。

オフィス外部
                             オフィス外観

オフィス内部
                             オフィス内部

その構成はオフィスのほうがより明快に表現されていますが、
住宅の設計を中心的な業務としている私としては、
自邸の方をより興味を持って拝見しました。

ほとんど敷地丸ごと一層分堀りこんで地下を作り
その上に2層分のスティールハウスが乗っている3層の住宅です。
ほぼ正方形の敷地の2辺に沿ったL型プランで、
L型に囲まれた中庭(アウタールーム)を持ちます。

構造の実験ですから、ともすれば理念ばかりが先行した
先鋭的なものになりがちなところだと思いますが、
この梅沢さんの自邸、実に心地よい空間です。

住宅ダイニング                            ダイニングと中庭

住宅植栽
                        屋上への階段と中庭の緑

住宅屋上庭園
                               屋上庭園

ご自身で手入れされているという緑が豊かで、内部空間と
中庭空間が溶け合い、敷地全体で空間が成立しています。

椎名英三さんの意匠設計ですが、梅沢さんご自身も細部の設計には
かなり関わっておられるようで、共同設計と言っても良いように思います。
「すぐれた構造設計家はすぐれたデザイナーである」とはよく言われる事ですが
本当にその通りだと再認識しました。

構造家の自邸と言えば、やはり何度か構造設計でお世話になった
こちらも日本を代表する構造家のTISの今川憲英さんの自邸(ミントハウス)
も以前拝見しました。これは純粋に意匠設計まで今川さんなのですが、
その時も同じような感想を持った事を思い出しました。

構造設計というのは、純粋に工学的あるいは数学的なものなので、
誰がやっても違いが無いように思いがちですが、
同じ意匠の建物の構造設計をお願いしても、
構造家によってまったく違った解法が出てくるという事は
何度も経験しています。
やはりデザイン的なセンス、ひらめきが大事なようです。

逆に意匠設計にとっても構造的なひらめきは大切だとあらためて感じました。
いろいろととても刺激になった見学でした。
ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG



キッチンは何にしますか?

2010/11/21 Sun [Edit]

このところSURの設計する住宅では、
システムキッチンではなく家具屋さんの制作キッチンが増えてきています。

家具工事の価格が以前より相対的に安くなっている事が一つの理由です。
そのために、システムキッチンとあまり変わらない価格で
制作キッチンとする事も可能です。

そこで両方の長短をまとめてみましょう。ほぼ同じ価格でと言う前提です。

システムキッチン
・長所
1.作りがよい:表面の材質、パッキングなどの気密性
2.細かい収納部品などが豊富
3.そのメーカーのオリジナル部品がある
・短所
1.細かい寸法が自由にならない
 (高さ、シンクやコンロの配置、引き出しの割り付けなど)
2.特殊なカウンター形状に対応出来ない
3,組み込む機器が限定される場合がある

制作キッチン
・長所
1.寸法、形状とも自由になる
2.組み込み機器も自由になる
・短所
1.表面の材質感、細部の作りは劣る
2.各メーカーのオリジナル部品は使えない

要するに、両者は裏表の関係になります。
基本的には製作キッチンは自由度が大きいかわりに作りは少し落ちます。
また、各メーカーが競っている細かな収納の仕掛けなどはありません。
(製作キッチンでも、システムキッチンなみの品質は可能ですが、
かなり価格アップしてしまいます。上記はあくまで同金額で比べた場合です)

したがってキッチンに何を求めるか、本当の使い勝手を決めるものは何か
をよく考える必要があります。
細々した収納の仕掛けに惑わされず、基本的な各機器の配置関係や
寸法に注意する必要があります。

シンプルで標準的なI型(一列型)で長さ(間口)も
2400,2550,2700あたりのポピュラーなキッチンなら
システムキッチンの選択肢が非常に多いので、
希望に近いものが見つかれば、わざわざ製作する必要は無いと思います。

しかし、シンクやコンロの配置、引き出しの割り付けなど
基本的な一番重要な部分で納得がいかないなら、多少作りは簡単でも
そのあたりが自由になる製作キッチンの意味があるのではないでしょうか。

もちろん予算に余裕があるのなら、製作キッチンでシステムキッチン並み
あるいはそれ以上の品質を実現する事も可能ですし、
細々した収納部品も、いろいろ市販されていますから、
使いながらそれらのものを足して、使いやすくしてゆくことも出来ます。

今日は、ひたすら真面目にキッチンについてでした。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG

夜のYOKOHAMA

2010/11/20 Sat [Edit]

今日の午後は横浜赤レンガ倉庫でのイベント会場に詰めていました。
好きな場所ですから行くのは苦にならないのですが、
さすがに午後いっぱい立ちっぱなしで少々お疲れ。

SEA'S会場

事務所のブースはこんな具合。
場所柄か若いお客さんが多く、反応はイマイチ?

でも、すでに設計契約も済み、設計中のお客様が
わざわざいらしてくださいました。

赤レンガ倉庫夜景

18時の終了後外に出ると、すでに完全に日が落ちて
赤レンガ倉庫はライトアップでいいフンイキでしたが・・・・・
あたりはカップルばかりで・・・・ムムムムム。

そそくさと帰路につきました。

ヨコハマ夜景

それにしても久しぶりの「NIGHT IN YOKOHAMA」ずいぶん様変わりですね。
もうほとんどクリスマス状態です。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG

お医者さんと公務員

2010/11/18 Thu [Edit]

日頃から漠然と、SURのお客様には
お医者さんや公務員の方が多いなあと感じていたので、
チョット数えてみました。

現在進行中の方も含めて最近の方から合計35人。
その内、お医者様は・・・ナント9人。
そして公務員の方も・・・同じく9人。
この二つの職業で過半数ではありませんか。

その他では、会社員の方はさすがに多くて7人ですが、
お仕事の内容はIT関係や、デザイン関係など、
一般的なサラリーマンとは少し外れています。

あとは、先生が二人と、会社を経営されていたり、
自営だったりといった方々です。

そもそも設計事務所のお客様というところで
きっと職業に偏りがあるのでしょうが、
それにしても、お医者様と公務員の方が多いですね。
なぜでしょうね????

ついでに、所有している自動車の種類も数えてみました。
一番はスバル(レガシィとインプレッサ)4台
次にプジョーとフォルクスワーゲンがともに3台
プリウスが2台と、職業ほど集中しませんでしたが
他はBMW、ベンツ、アウディ、フィアット、アルファロメオ各1台。
国産の普通のセダンは数台しかありませんでした。

職業、車とも何となくSURのイメージと
つながるような気もしますが、良くわかりませんね。

忙しいのにバカな事をやっていると言われそうなので
今日はこの辺で。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG

横浜&ヨコハマ

2010/11/16 Tue [Edit]

今日の午前中は横浜の神之木台の家の現場定例打合せ。
工事もいよいよ大詰め、クライアントの奥様と内部仕上げ材料の現物確認など。

そして昼食後は明日から始まる展覧会のパネルや模型の搬入です。
場所はヨコハマの赤レンガ倉庫。
歴史的建造物をリニューアルして、お店やイベントホールになっています。

赤レンガ倉庫とランドマークタワー

ランドマークタワーや大観覧車も近くです。

赤レンガ倉庫

この赤、考えようによってはとんでもない色なわけですが・・・・・
なかなかのものですね。

時間があればチョット散歩でもして、
ニューグランドに寄って気取ってお茶でも(笑)といきたいところですが、
夕方からOZONEの面談なので、あわてて東京へ戻りました。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG



南仏旅行から・18「Arlesの教会:世界遺産」

2010/11/16 Tue [Edit]

今日ご紹介するのは「サン・トロフィーム教会」
アルルの世界遺産に登録されているロマネスク教会です。

広場
教会前のリピュブリック広場・左がサン・トロフィーム教会

レリーフ
ファサードのレリーフが見事。

内部

ステンドグラス
ステンドグラスの光が石の床にゆらめいています。

中庭
気持ちの良い緑のパティオ

鐘楼

パティオの柱頭
柱頭の繊細な彫刻が見事な回廊。

青いステンドグラス
青の色が非常に美しいステンドグラス

(写真はクリックで拡大します)

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
TREviewついでに?よろしく!
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所BLOG
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
Older Entries

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。