FC2ブログ

パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

蔵のある住宅

2010/02/15 Mon [Edit]

昨日(2/13:いつのまにか一昨日ですね)は新しい住宅の仕事の契約に
拝島まで行きました。

農業と養蚕をやっていたご実家の広い敷地の一部に建てる計画です。
敷地内には立派な大谷石の蔵とお稲荷さんがあり、
それらを生かした計画にしたいと思っています。

OZONEのコンペだったのですが、スタッフが一生懸命
模型に蔵と稲荷を作ってくれたので、それが良かったのでしょうか?!

大谷石の立派な蔵

ご実家のお父様が楽しい昔話をして下さって、
すっかり長居をしてしまいました。

楽しいご家族とすばらしい敷地で、どんな住宅になって行くか
とても楽しみです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

薪ストーブ・等々力の住宅

2010/02/14 Sun [Edit]

このところSURでは、住宅の竣工ラッシュで、今日も撮影です。
このところ悪天候続きでしたが、やっと晴れて撮影びよりでした。

今日撮影した住宅には、薪ストーブがあります。
北側の公園の緑を借景にした二つの窓の間の壁に設置しました。

ストーブ
今まで、暖炉は3件、薪ストーブは6件になりますが、
別荘だけでなく、都内もかなりあります。

揺れる炎、薪のはぜる音、そしてかすかな香り。
とても安らげる空間になります。

最近のストーブはとても扱いやすく、はじめは補助的に考えていましたが
十分にメインの暖房として実用に耐えます。

ただし薪はかなりの量消費しますから、なにか良い入手ルートを
見つけないと結構な金額になってしまいます。

・・・・・・・・・・・・

撮影の合間を縫って打合せに行ったお宅の小さなお嬢さんから
手作りのバレンタインのカードとチョコレートをもらいました。
かわいいカードとおいしいチョコレート、とても幸せな気持ちになります。
すてきなおうちが出来るから、楽しみに待っていてね!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

現場監理・地盤の事

2010/02/12 Fri [Edit]

今朝、着工したばかりの住宅の地盤の確認に行きました。

最近は地盤についての考え方が以前よりシビアになり
都内の場合、何らかの地盤補強をするケースが多いのですが、
ここは事前の調査では、何もせずに十分な強度があるという結果が出ています。

それでも基礎工事のために全面的に地面を掘削してみると、部分的に
悪い部分があったり、必ずしも事前の調査通りとは行かないものなので、
かならず自分の目で土の様子を確認する必要がありますが、
この現場は50センチほどのやわらかい黒土の下はきれいに
赤土(関東ローム層)になっていました。

negiri.jpg

関東ではこのロームが出れば2階建て程度の住宅には十分な強度があると
されていますが、場所によってその深さがかなり違います。
ローム層が深く表面が軟弱な場合は何らかの方法で補強をするのですが、
一般的な住宅で50から100万円かかってしまいます。

地盤次第で建築費にかなりの違いが出るわけで、割り切れない感じですが、
建物を支える大事な部分ですからおろそかには出来ません。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

私の車1

2010/02/11 Thu [Edit]

住宅の設計をしていると、クライアントとの打合せはほとんど休日になるので
なかなか一日ゆっくり休める日がありません。
今日は天気も悪く、めずらしく一日家にいます。

そんなわけで、今回は建築から離れて車の話です。
私も建築家のご多分にもれず?結構車好きでいろいろと
少し変わった車に乗ってきました。
独立して生活するようになってから買った物はこうなります。

1.HONDA シビックRS
2.ISUZU ジェミニzz
3.ISUZU アスカ・イルムシャー
4.シトロエン BX GTI 16V
5.FIAT パンダ
6.フォルクスワーゲン パサートGL
7.MAZDA MPV
8.FIAT プント

5番目まではともかく自分の乗りたい車でした。
(もちろん、財布のひもと相談しながらですべて中古です)
6,7は家族や両親を乗せる必要から少々妥協した選択で
特に7の「MPV」なかなか良くできた車でしたが車体が大きすぎて、
小型車好きの私としてはどうしても馴染めませんでした。

そんな時、家庭の状況も変わり4人も乗れれば十分という事になって
久しぶりに大好きなラテン系の小型車にしようと思って買ったのが
8番目の「FIAT プント」なのです。

これは本当にお気に入りで、いつでも運転したくてウズウズします。
初めて自分で買ったシビックを思い出させる、実にきびきび走る車です。

実は買った後、知ったのですが詩人の谷川俊太郎さんが大のプントファンで、
「プントを乗り継いでこれで3台目だという谷川さんには、プントを題材にした詩がある。その一節で、この車を〈私に生きる歓(よろこ)びとは何かを教える〉存在だと描いた」(読売新聞の記事より、写真も)そうです。
fiat.jpg

少々大げさに思われるかもしれませんが、私も同感です。
FIATといえばイタリアの大衆車な訳ですが、さすが生きる事を楽しむ事にかけては天才のイタリア人が作った車ですね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

駒澤大学の住宅・竣工写真

2010/02/10 Wed [Edit]

駒澤大学の住宅が竣工し、今日は写真撮影です。

あいにくの曇天、しかも南隣のマンション工事で
車や人が行き来して最悪のコンディション。
しかし今日しか日が無く決行です。

SURでは、写真はプロに頼まず自前で撮影しています。
それが一番設計者の意図が伝わる写真になると思いますが
意外性のある新たな発見は期待できないので、
たまにはプロの写真家に頼んでみても良いのかなと思います。

MRI1

この住宅は東西に長い敷地で、南に十分な空地がとれないので
2階リビングにして日照を確保しています。
東道路の向かいの豊かな緑を望む気持ちのよい空間になりました。

床下に蓄熱暖房機を置き、地熱利用で快適な温熱環境をつくる
パッシブソーラーハウスです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

今日も現場監理

2010/02/09 Tue [Edit]

昨日に引き続き今日も現場監理でほとんど一日外出。
今日の現場は千葉県の袖ヶ浦です。アクアラインを使って車で行けば
1時間かからないで行けるので、意外に便利です。

やはり海は気持ちが良くて、往きか帰りには、
つい「海ほたる」によって一息入れてしまいます。

そんな袖ヶ浦通いももうすぐ終わり、今月いっぱいで竣工です。
袖ヶ浦の住宅1
広い敷地に伸び伸びと建つ半平屋住宅で、
クライアントのイメージを尊重した大屋根の落ち着いた外観です。
既存の美しい姿の落葉樹がシンボルツリーになります。

断熱気密、耐震性など性能面には妥協していませんが、
他の部分ではあまり無理をせず、ハイコストパフォーマンスを目指しました。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

免震住宅・基礎配筋検査

2010/02/08 Mon [Edit]

今日は八王子で建築中の免震住宅の基礎の配筋検査に行きました。

免震住宅の基礎配筋
まず現場を見て、ともかくその鉄筋の多さにびっくりです。
もちろん図面ではあらかじめ分かっていたわけですが、一般的な基礎の
倍以上の量です。
写真は免震装置が集中して配置される中央部分ですが、特にこの部分は
鉄筋も集中しています。

木造の2階建てですから、確認審査機関の検査はなく、瑕疵保証の検査です。
鉄筋本数、間隔、かぶり、端部の処理などすべてきちんと施工されていました。
検査ももちろんOKでした。

姉歯問題以後、通常の確認申請でも手続きが相当複雑になり大変なのですが、
この住宅は、免震住宅かつ長期優良住宅で設計完了から着工まで審査手続きに
4ヶ月かかりました。

今度はさらに住宅エコポイントも登場し、設計事務所も本業の設計よりも
手続きに追われる毎日です。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

左官仕上げ

2010/02/06 Sat [Edit]

今日は、パッシブソーラーの話はお休みで、工事監理の話です。

もうすぐ竣工する流山の住宅の内装の左官仕上げの試し塗りの確認です。
この住宅は内部の仕上げは、壁・天井のすべてが左官仕上げです。
左官仕上げというのは漆喰など、左官屋さんがコテで塗って行く仕上げです。

流山の住宅は、鹿児島の桜島の火山灰を原料とした
中霧島壁というものを使います。
珪藻土と同じように、調湿作用や消臭作用などのある優れた自然素材です。

このような塗り壁はクロス貼りなどと違って、どのようなタッチで塗るか
それによってかなり表情が違ってくるので、必ず試し塗りをしてクライアントの
了解を取ります。今回ははじめは珪藻土塗りを予定していたのですが、
昔からの土塗り壁の雰囲気が是非ほしいというクライアントの希望で
その雰囲気が出しやすい中霧島壁に変更になりました。

クライアントのご夫婦、左官屋さん、そして私が現場に集まりました。
この左官屋さんは、工務店が手配した人ですが、話を聞いてみると
様々な塗り壁を多用するある有名建築家の作品の多くを手がけている人でした。
さすがに設計事務所の(そしてクライアントの)要求に手際よく応えてくれて
すぐに塗り壁のパターンが決まりました。

左官屋さんは、技術だけでなく設計者の要求する表現をこなすセンスが
必要なので、よく左官屋さんは決まった人を指定するのですが、
今回は工務店に任せて大正解だったようです。

仕上がりが楽しみです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!
Prev
Newer Entries
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ