パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松原の住宅・一年点検

2011/09/03 Sat [Edit]

先週の八王子に続き、今日は松原の住宅の一年点検でした。
内部外部一通り工務店の監督とチェックしましたが、
この住宅も問題はほとんど無し。
特に、珪藻土壁の仕上がりが良く、初期にありがちな
入り隅や枠まわりのひび割れもほとんどありません。
この住宅はSE構法なので、特に木造軸組の動きが少ないせいかもしれません。

お嬢さんたちが、久しぶりの我々の訪問を楽しみにしてくれていたとの事。
(監督さんともすっかり仲良し!)
あっという間の一年でしたが、ほとんど赤ちゃんに近かった下のお嬢さんが、
すっかり女の子らしくなっていて、やはり一年たったのだなあと実感しました。

北側の庭もグランドカバーの緑がキレイに育ちとても良い雰囲気。

グランドカバー

温熱の点も、とても満足していただけたようで安心しました。

お子さんのお友達関係など、良くお客様もいらっしゃるようで、
楽しく、気持ちよく過ごしていらっしゃる様子が伺え、
ウレシイ一年点検でした。

・・・・それにしても、台風はどうなってしまったのでしょうネ??

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

建築は光

2010/06/03 Thu [Edit]

松原の住宅の工事監理に行きました。
こちらも八王子と似たような進行状況。

昨日はサッシのことを書きましたが、もう一つ
住宅の窓によく使うものにガラスブロックがあります。

この住宅では階段の採光に使っています。

ガラスブロック

これは、窓というよりは「光の壁」でしょうか。

素通しで見えてしまうわけではないのに透明感があって
天窓と共に、市街地で視線を気にせず採光するにはとても便利な材料です。

光がなければ形は見えない、という意味では
建築は光なのですが、そんな風に気取らなくても
ガラスブロックは、このように
もっと直接的に光が見えてきます。

きれいでしょう!!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

チョットいい感じ

2010/05/27 Thu [Edit]

きのうの予報通り今日は晴れましたが、
昼過ぎに一時大雨。
その後すぐ上がって空はもう夏の気配。

夏雲

さて、ひさしぶりに現場からの報告。

上棟とBOX検査の時にご紹介した松原の住宅、工事がだいぶ進み
現在内装下地のボードを貼っています。

2階の吹き抜けに面した廊下部分を広く取り、
多目的スペースとしていますが、
そこが今、大工さんの作業スペースになっています。

松原

吹き抜けの大きな窓からの光と、天窓からの光。
なんかチョットいい感じでしょう。

ここまで工事が進んでくると、かなり空間が見えてきて、
気持ちのいいスペースになりそうな予感。

いよいよ最後の詰めに入ります。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

松原の住宅・BOX検査

2010/04/17 Sat [Edit]

今日は松原の住宅のBOX検査をしました。

BOX検査という言葉が一般的なのかわかりませんが、
上棟して一ヶ月後ぐらいの時期、サッシなどの取り付けも終わり
部屋の形もほぼわかるようになる頃に、スイッチやコンセント、照明などの
電気設備の位置を現場でクライアントとともに確認する事です。

コンセントやスイッチを取り付けるBOXだけを定位置に取り付け、
配線はまだ出来ない状態で検査するので、こう呼んでいます。
配線がまだなので、この時期なら位置の修正や追加変更が簡単にできます。

一手間かかるわけですが、その方が手戻りも少なく、仕上がってからの修正も
ほとんど無くなりますから、電気屋さんにも喜んでもらえます。

設計期間中に図面の上では十分に打ち合わせしますが、
実際の空間に立って確認するとやはり変更したい箇所は出てきます。
特にSURで設計するような、吹き抜けがあったり、廊下がなく
各部屋がつながって行くような空間構成ではよけいに判断が難しいものです。

素人の方に図面だけですべて判断してもらうのは無理がありますし、
大きな声では言えませんが、実はプロだってなかなか100%の判断を
図面だけでするのは難しいものなのです。

実際、今日も何カ所か修正がありましたし、
少し検討課題も残りました。
現場が遅れないように、週明けには宿題を提出しなくてはいけませんね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

松原の住宅:建て方

2010/03/27 Sat [Edit]

今日は松原の住宅の建て方(上棟)でした。
天気予報は晴れでしたが、このところはっきりしない天気なので少々心配。
夕方少し雨がぱらつきましたが、無事上棟。

この住宅はSE工法という金物を使った耐震工法なので
少し普通の在来工法とは組み立てる手順が違います。
精度が要求されますが、組み上がった軸組はがっしりして安心感があります。

それにしても、建て方を見ていていつも思う事は、クレーン車の
運転士(操縦士?)さんの見事さです。都内の現場はたいがい
周りが立て込んでいて、しかも必ずじゃまになるところに電線があります。
この間を実に巧みによけながら部材をつり上げ運びます。
クレーン車

高所の細い梁の上を地下足袋で身軽に歩き回る鳶(トビ)さんも
「カッコイイ」ですし、本当にこういう時の現場は、
忌野清志郎の「パパの歌」のように、「働くパパは男だぜ」という感じですね。
(なお、この文章は男女差別を意図したものではありません:笑)

一方私はと言うと、ただただ感心して口をあんぐり開けて見ておりました。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

ESフロアヒーター:深夜電力蓄熱式床暖房の敷設

2010/03/19 Fri [Edit]

松原の住宅の床暖房工事の確認に行きました。
ここの床暖房方式はESフロアヒーターと名付けているSURオリジナルです。

床暖房自体は電気ヒーターを使った深夜電力利用の一般的なものですが
ベタ基礎の上に直接敷設し、その上に10センチほどのコンクリートを
打設してヒーターを埋め込みます。
ESheater.jpg

床下空間を取りそこに蓄熱暖房機を入れる方式と二つの
方式をいろいろな条件に応じて使い分けています。

床下には断熱材は使用せず、基礎は外断熱です。
地熱を利用して地面を蓄熱槽に使います。
この大きな蓄熱槽を日射のダイレクトゲインの蓄熱にも兼用して、
365日、24時間安定した温熱環境を作る事が出来ます。
この点は、すべてに共通しています。

今までヒーター敷設工事は上棟して外回りがほぼ出来た段階でしたが、
今回は上棟前に施工しました。その方が工程から考えると合理的という
現場監督の判断です。たしかに他の工事と絡まず工事もやりやすいようです。

床暖房工事が終わると来週はいよいよ上棟です。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!

現場監理・地盤の事

2010/02/12 Fri [Edit]

今朝、着工したばかりの住宅の地盤の確認に行きました。

最近は地盤についての考え方が以前よりシビアになり
都内の場合、何らかの地盤補強をするケースが多いのですが、
ここは事前の調査では、何もせずに十分な強度があるという結果が出ています。

それでも基礎工事のために全面的に地面を掘削してみると、部分的に
悪い部分があったり、必ずしも事前の調査通りとは行かないものなので、
かならず自分の目で土の様子を確認する必要がありますが、
この現場は50センチほどのやわらかい黒土の下はきれいに
赤土(関東ローム層)になっていました。

negiri.jpg

関東ではこのロームが出れば2階建て程度の住宅には十分な強度があると
されていますが、場所によってその深さがかなり違います。
ローム層が深く表面が軟弱な場合は何らかの方法で補強をするのですが、
一般的な住宅で50から100万円かかってしまいます。

地盤次第で建築費にかなりの違いが出るわけで、割り切れない感じですが、
建物を支える大事な部分ですからおろそかには出来ません。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ワンクリックよろしく!
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。