パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狛江の集合住宅・鉄骨造の中の木造住宅?

2015/12/30 Wed [Edit]

すっかりご報告が遅くなっている狛江の鉄骨4階建ての集合住宅です。
工事の方もご多分に漏れず、やはりしっかり遅れ気味で、
当初の貯金の1ヶ月はとうに使い果たして
だんだん現場は切迫してきています。

鉄工造で中間に殆ど柱を設けていないので、
当初はきわめてすっきりとした大空間でした。
とくに4階のオーナー住居の部分は、
まるで体育館のような大空間でした。

鉄骨のみ

耐火被覆と断熱材が吹かれると
こんなセーターを着た鉄骨のような姿になりました。

断熱終了

その中にロフト付のオーナー住居が形作られます。
まるで鉄骨造のなかに木造2階建ての家を建てているようです。

木造軸組

仕上がりがどうなるかはまたご報告いたします。(Shi)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

狛江の集合住宅・鉄骨上棟

2015/08/12 Wed [Edit]

連日の猛暑の中、狛江の集合住宅の鉄骨の上棟が始まりました。
三日間ほどかけてフレームを組み上げ
その後ボルトの本締めや現場溶接などの作業になっていきます。

上棟中

鉄骨は目玉焼きができそうなほど熱くなっているので、
その鉄のフレームを組み上げる作業は本当に大変です。
このように鉄骨に腰掛けて作業をしている作業員のお尻は
どうなってしまうのか心配なくらいですね。

鳶さん

その現場で暑い中ダウンジャケットみたいなジャンパーを
着ている作業員がいて、???と思ったのですが後ろ姿を見て納得。
これが噂の空調服とのこと、前にTVで見て興味があったのですが、
(ソニー出身の発明家のおじいさんが考案して、なかんかいいものだなと
感心していました。特に原発の作業員の防護服にも応用ができないかという
さらなる開発途上の様子を放送していました)
現場で実物をみたのは初めてです。
着ている人の話では体感温度がかなり下がるので、
ずいぶん効果的とのことでした。

空調服

もともと木造2階建てに広い庭があった敷地なので、
このようにゆったりと配置され、鉄骨を組み上げるレッカー車も
敷地の奥の駐車場スペースに据えることができたので、
とても工事はスムーズにいきました。
やはり敷地が広いとか前面道路が広いと、
工事にとっては非常に大きな影響があります。
建物自体は同じでも、そうした敷地状況や道路状況の違いで、
目に見えないところで作業効率や経費に差がでてきます。

全体像

でもSURにとってはあまり事例のない重量鉄骨ALCの共同住宅の現場は
新しい発見、あるいは勉強することばかりで
とても新鮮で楽しい(笑)物件です。

この設計自体こわいもの知らずで、敷地の形状に合わせるため
台形の平面に、北側斜線や日影をかわすために4階の屋根を
フラットルーフではなく勾配屋根にしているので、鉄骨業者さんから、
「先生、斜めの平面に斜めの立面という組み合わせはもうやめてください!」
といわれてしましました。鉄骨屋さんごめんなさい、そしてご苦労様でした!

でもハウスメーカーが絶対にしない斜辺があり、
重量鉄骨の北側斜線母屋下がりという設計の工夫があって、初めて
この敷地にこれだけの個数と広さの集合住宅ができ、
4階のオーナー住戸には広い吹抜空間とロフトが確保できました。
宣伝のようですが、SURような小さな設計事務所の存在意義は、
メーカーが決してやらないすき間設計というか、創意工夫を積み重ねる
きめ細かい設計にあるのではないかと思います。
(Shi)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

狛江の集合住宅・地盤

2015/08/09 Sun [Edit]

SURとしてはめずらしく今回鉄骨4階建ての集合住宅を設計しています。
私の知り合いの建築業者さんのご自宅+賃宅住宅という構成です。

狛江模型

場所は狛江市の和泉多摩川駅から徒歩圏の、
多摩川にほど近い、河岸段丘にあたる敷地です。
200坪強の広い敷地に4階建ての共同住宅という計画なので、
当初はRC構造を採用したかったのですが、
国立競技場問題でもおわかりのように、昨今コンクリート工事の
施工費が高騰していますので、はなっからRC構造はあきらめ
鉄骨ALC造となりました。
(国立競技場のように1300億円の予算がいつのまにか
2600億円になるなんてことは民間ではあり得ません。
結局政治的判断で白紙撤回されましたが、ほとんど
それでやろうとしていたのですから呆れてしまいますね)

最初多摩川の川堤から100m程の場所なので
地盤はよくないのかと心配したのですが、
ボーリング調査をしてみましたら、地表から2m程度で
地耐力60Ntというすばらしくよい地層だということが判明しました。
土質も礫が混じった完璧な砂質土で、東京周辺での
住宅レベルの支持層といえば関東ローム層くらいしか
見たことのなかった目から見るとじつに新鮮な風景でした。

狛江地盤

まるで大きな砂場のようでした。
地質の世界もまた深いようで、地中熱住宅の地盤の下の地質によって
熱の蓄熱容量や熱伝導の具合も異なるとのこと、
まだまだ研究の余地がありそうですね。
(Shi)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。