パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の電気設備計画

2015/11/28 Sat [Edit]

実施設計で重要な打合せ項目の一つに電気設備の計画がありますが、
秦野の住宅と中落合の住宅はほとんど同じペースで設計が進んでいて、
先週、今週と続けて電気設備の打合せをしました。

電気設備計画

電気設備の一つのポイントは照明計画です。
SURの照明計画はダウンライトとスポットライトをメインに考え、
この二つでベースの明るさを作ります。
どちらもほとんど直接光源は見えず、間接照明的な扱いです。
そこに、食卓のペンダントや壁付けのブラケットなどで
アクセントを付けて行きます。

部屋全体を明るくする大きな照明ではなく、
コーナーごとに小さい照明を数多く取り付けることになります。
計画図を見ると大変多くの照明がつくのでちょっと驚くかもしれませんが
多灯分散型と呼ばれる照明計画で、どの照明を点けるか消すかで
いろいろな雰囲気を演出できますし、
部屋全体を明るくするのに比べかなり省エネにもなります。

さて、急速にLEDが普及して、このところほぼ100%になりました。
少し前まではLEDへの移行期で、まだ器具も高価で種類も少なかったので
SURではE26またはE17という汎用型のソケットがついた器具をメインに考え
とりあえずは電球型蛍光灯、いずれ電球のみLEDに変えて行くと言う考えでしたが、
最近のLED器具は電球交換が出来ない物も多く
その場合、電球が切れたら器具ごと交換という事になります。
LEDは10年以上の寿命がありますし、
特に調光可能な器具は電球交換が出来ない物が多く、
また、価格も安いので、それも一つの考え方です。

照明との関連ですが、スイッチについてSURのルールがあります。
それは出来るだけ1箇所に3つ以上のスイッチをまとめないという事です。
毎日使う自宅のスイッチですが、1箇所にたくさんまとまっていると
いつまでたっても案外混乱するもので、
どれがどこのスイッチか慣れないものです。

コンセントについてのSURの方針は「迷ったら付ける」です。
多すぎて困ることはほとんどありませんし、
後から増やすことは簡単ではありません。
また充電の器具がとても増えているので、物入れの中などにも用意しています。

こんなふうに設備計画も経験を重ねて少しずつ変化して行きます。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

建築家との家づくり1・設計契約まで

2014/10/22 Wed [Edit]

住宅の設計を設計事務所に依頼すると、
どのように進んで行くのか心配な方も多いと思いますので、
何回かに分けて、順を追って書いてみたいと思います。

1回目はお会いしてから設計契約を結ぶまでです。

・出会い
まずどのようにして私の事務所を見つけていただいたかと言うことですが、
一番多いのはWEBからの方です。
SURが力を入れている、パッシブとかエコ、あるいは自然エネルギー
などのキーワードの検索で見つけたという方です。
それ以外は住宅プロデュース会社の紹介、知人などが続きます。

・まずはお会いして
きっかけはどうであれ、ひとまずお会いしてお話しをします。
気楽に事務所においで下さい(もちろんアポイントは取って下さいね:笑)
予算、規模、敷地など条件的に可能かというチェックも大事ですが
一番大切なのは相性とでも言いましょうか、
家づくりに対する思いに共感できる部分があるかと言うことだと思います。
この段階で合わないと思ったら遠慮無くお断り下さい。

・プラン提案
お会いしてともかく進めてみようとなった場合は、
ご希望条件を細かく伺った上で、まず1案提案します。
通常3週間ほど時間をいただいています。
簡単な平面図だけですが、場合によっては2,3案になることもあります。
ここまでは無料です。この段階でどうも方向が合わないと思われたら
お断りいただいて結構です。

・設計契約へ
基本的には1回目のプラン提案後多少のやりとりがあって
設計をお任せいただけるか判断してもらっています。
場合によってはさらに多少の修正案を提案することもありますが、
この段階で設計契約をするか、あるいはお断りいただくかの
結論を出していただくことになります。
ここまで1〜2ヶ月かかります。

・設計契約とは
通常は設計および工事監理契約ということになります。
予算と計画規模から設計料を算定し契約書を作成します。
設計料はSUR都市建築事務所の場合、工事費により設計料率を決めていますので、
この段階では目標予算を設定して契約内容を決めます。
設計契約を交わしていよいよ本格的に設計作業に入ることになります。

具体的な設計作業については次回以降お話しします。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。