パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり

太陽,風など自然の恵みを生かす地中熱利用のパッシブデザインによる、ゼロエネ・エコハウスと庭づくりに力を入れているSUR都市建築事務所です。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネ住宅・ZEHのコラム連載中

2017/03/28 Tue [Edit]

HB PRESSというサイトで自邸(雑司が谷ZEH)を題材にして
省エネ住宅・ZEHのコラム連載中です。

HB PRESS

これまでに6回連載しましたが、さらに数回続く予定です。

1回:省エネルギー住宅のポイントが全てわかる。ZEHの自邸で暮らす建築家によるリアル解説
2回:省エネルギー住宅の計画・設計の基本
3回:建築家の自邸を公開!省エネ住宅「雑司が谷ZEH」はこんな住宅です
4回:自然の力を利用して快適に暮らす。パッシブデザインの家づくり
5回:実はエアコンが圧倒的に省エネ!家づくりのプロが選ぶ、お得な住宅設備
6回:省エネルギー住宅の重要アイテム!地中熱の活用法

まとまった内容ですので、是非ご覧下さい。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
スポンサーサイト

通風セミナー・OZONE

2015/06/05 Fri [Edit]

今日はOZONEの「通風セミナー」に行ってきました。

SURとしては通風にも力点を置いて設計してきましたが、
通風についてはきちんとしたデータに基づく研究なども少なく
多分に勘に頼っている所が多かったので、
コンピュータによるシミュレーションや専門家による
研究成果を踏まえた今日のセミナーはとても興味深いものでした。
いままでやって来たことの意味が確認できた面もありますが
新しい発見も多くありました。

通風なら、基本は風上と風下に窓を設けて
風通しを良くすればよいので、比較的分かりやすい気がしますが
流体の話ですからそれもそう簡単ではなく、
様々なケースごとのシミュレーションは思わぬ結果を示しています。

しかし通風というものの、真夏にはほとんど風の吹かない東京ですから
実際には通風というより、高低差、温度差を利用した換気です。
その場合、窓の平面的な位置とともに高さも重要になります。
そうなるとますます複雑な話になります。

通風

今日のセミナーの結果は今後の設計に
大いに参考になるものでしたが、
しかし残念ながら通風を上手く設計しても
それによって可能になるのは、
冷房エネルギーの10%程の節約が精一杯とのこと。
そもそも冷房に必要なエネルギーは、住宅の全使用エネルギーの
多くても数パーセントなので、通風による省エネは
住宅の全エネルギー消費の0.5%にもならないのです。

したがって通風を上手く設計するメリットは
省エネと言うよりは、冷房嫌いの方の夏期の就寝時の対策
と言う意味合いが大きいことになりますが、
就寝時エアコンをかけたくないという方は多いので、
意味のあることだと思います
SURのパッシブデザインのさらなる進化にご期待下さい。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

時代は地中熱!

2015/05/02 Sat [Edit]

以前は地中熱利用などというと「一体それは何のこと?」
ほとんどオカルトか何かのような扱いでした。

でも時代は変わりつつあるようです。

これは小田急線の駅貼りポスター。
もう、その効果は疑う余地がありません。

地中熱ポスター

もう少し詳しく説明した、こんな車内用ポスターもあるようです。

車内ポスター

自然エネルギー利用の技術は着実に進んでいます。
国が本気で取り組めば、必ず原発など不要になるはず。

微力かもしれませんが、私たちは一歩一歩、
住宅の自然エネルギー利用、ゼロエネルギー化を進めて行きます。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

温度測定の新兵器登場

2015/02/10 Tue [Edit]

昨日はちょっとユニークなお客様がありました。
導入を検討していた自動温度測定装置の会社の社長さん自ら
製品をもって、おいでになったのですが、
金髪に水色のトレーナーといった出で立ちでちょっとビックリ。
しかし、パッシブソーラーや地中熱利用という事に関心をお持ちで
ご自分の別荘もそのようなコンセプトで色々な工夫満載、
楽しい話をいろいろさせてもらいました。

さて、SURの地中熱利用住宅、きちんとした温度データで
その素晴らしさを裏付けたいと以前から考えていたのですが、
なかなか適切な測定方法が無く、長い間懸案になっていました。

最近、何軒かのお宅でお施主様の協力をいただき、
温度計を読み取って記録していただいたものなどを
ブログやFacebookに発表しました。
それだけでもかなり貴重なデータですが
短期間ならともかく、自動で記録する装置がないと、
そうこまめに記録していただくわけにも行きません。

そこで本格的に何か適当な測定装置はないものかと探していたところに、
Facebookの御代田山荘の温度データをご覧になった方から
とても良い情報をお寄せいただき、
その後本格的に連絡を取って、「これは使える」ということになり
採用を決め、昨日その現物を事務所に届けていただいたと言うわけです。

Acala thermo

これが、アルミケースに入ったワンセットです。
黒い、アンテナの付いた物が「ベースステーション」
プラスティックの小さな箱状の物が
温度センサーと通信装置を持った「ノード」と呼ばれる端末です。

セッティングはきわめて簡単、
測定したいところに「ノード」を置き、
ベースステーションを電源につなぐだけ。

あとは自動的に各ノード間とベースステーションが無線で連絡を取り合い
ベースステーションからクラウド経由でデータが送られます。
データはPCやスマホからブラウザ経由で簡単に見ることが出来ます。

ログインすると下の写真のように見やすいアナログ温度計で表示され
リアルタイムのデータとともに過去のデータも記録されていて、
そのデータをダウンロードしたり、グラフ表示にしたり自由に扱えます。
ソフト面も非常に良くできていて、ほとんどマニュアルも見ずに
簡単に操作できます。
この写真は試しに事務所内の3個所とバルコニーに設置したものを
パソコンの画面で見た状態です。
一番右がバルコニー(外部温度)残りが室内ですが
左から2番目のものだけは湿度のセンサーも付いています。

画面

これは「タイムマシーン株式会社」の「ACALA THERMO」というもので
様々な温度管理に使えるユニークな製品です。
温度だけでなく、センサーの工夫で色々応用が利きそうです。
今回のセットも、一つは湿度も測れる物にしています。

SURでは、とりあえず2組導入、最新の住宅から、
少しずつ試してみる予定ですが、さらに「金髪社長」と相談しながら
色々発展させて行く事も出来そうで、大変楽しみです。

追伸、
金髪社長さんからクレームがあり、「水色のトレーナー」ではなく
「ポロシャツ」とのこと、訂正させていただきます(笑)


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

地熱住宅近況報告1・なかなか好成績、世田谷の3層住宅

2015/01/13 Tue [Edit]

この連休に3軒の地熱住宅の現地調査に行ってきました。
順次ご報告します。

最初の1軒は世田谷の3層住宅Y邸です。
青空のもと、相変わらずすっくとりりしい姿で迎えてくれました。
3層住宅立面

この住宅のクライアントはSURの地熱住宅の趣旨を大変よく理解して下さって、
そのシステムをより進化させるためのアイデアも沢山提案して下さいます。
そしてちょっと測定オタク(?)のようで、SURで考えている以上に
いろいろな場所の温度を測定して記録し、
こんな素晴らしいグラフまで作ってくだいました。
温度データYSM

測定箇所は屋外温度のほか、家の中の1階寝室、2階リビング、3階廊下、
および地熱住宅の心臓部、床下の5ヶ所です。
その結果はグラフの通り、暖房を入れ始めた昨年の10月からこの1月までで、
外気温がだんだん下がっていくなかで、2階のリビングの温度が
極めて安定して20度以上をキープしているのがわかると思います。

しかも私たちは10月になって床下エアコンを入れ始めたら
スイッチは切らないでくださいとマニュアルに書いてお渡ししたのですが、
エコ意識の高いクライアントなので電気代の安い深夜の時間帯、
23:00から5:00しかエアコンは回していないそうです。
そして、この家はSURの標準からいえば、南側の窓面積が大きく,
シャッターも断熱ブラインドもないので夜のヒートロスが
心配されていたのですが、今のところそれも全く問題無いようです。

それよりも伺ったのが快晴の1/11の13:00過ぎだったのですが、
当然暖房をつけていないその時、1階室温が24度、2階室温が26度、
3階にいたっては30度近くもあり、
この日ばかりは晴れ女が恨めしいような暑さでした。

昼間のヒートゲインが非常に大きいこの家では
南面する部屋の温度が高くなるのは予想されていましたが、
ここまで上がるとは思いませんでした。
タートルネックのセーターを着ていた私は苦しいくらいで、
このお宅のご子息は1月というのに裸足に半袖
Tシャツでいらっしゃいました。

この昼のヒートゲインをいかにうまく蓄熱して
夜の暖房に回すことができるかが今後の課題ですね。
地熱住宅はまだまだ進化する余地がありますので、これからが楽しみです。

Yさんのアイデアで、床下暖気を有効に2階にあげるために、
床ガラリにこんなパソコン用ファンも取り付けてありました!(Shi)

吹き出し口ファン

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

地中熱利用の床下ダクト

2014/10/17 Fri [Edit]

SUR都市建築事務所の地中熱利用システムには
床下空気を循環させるダクトがあります。
地中熱を建物内に効率よく循環させるためのもので
一般的な塩ビのダクトと中間型ダクトファンで構成しています。

用賀の二世帯住宅はいよいよ週明けに基礎立ち上がりの
コンクリート打設なので、床下設備関係の最終チェック中です。
スリーブ(設備を通すための孔)の入れ忘れがないか、
もう一度床下ダクトをしっかり検討しました。

床下ダクトスケッチ

今回は外周以外の基礎立ち上がりが非常に少ない設計なので
スリーブを入れなくてもうまくダクトは取り回せます。

ダクトのルートも出来るだけシンプルに。
その方がローコストですし、空気の循環もスムーズです。

<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで日々の事務所の活動を公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

洗濯乾燥機もヒートポンプ

2014/08/15 Fri [Edit]

我が家の洗濯機が壊れてしまいました。
サービスマンに見てもらいましたが、修理不能とのこと。
10年近く使ったドラム式の洗濯乾燥機ですが、
ドラムに亀裂が入って水漏れという重傷。

この季節に洗濯機無しでは三日と持たないので
あわてて購入しなくてはと言うことで
どれがよいかいろいろ調べた所、最近のものの性能アップは
なかなかすごく驚きました。

ともかく大きくなって嵩張っていやだ
という印象しか持っていなかったのですが、
実際に我が家に収まった所を見るとそうでもない。
これで容量は洗濯9Kg、乾燥6Kgと今までのものの
1.5倍ですからそれを考えるとむしろコンパクト。

    洗濯乾燥機
そして消費電力がかなり少なくなって、
特に洗濯から乾燥までのサイクルの場合だとなんと1/3です。
容量が1.5倍になったことも考慮すると
ほとんど1/5の電力ということになります。
しかも時間もかなり短縮されて1/2〜2/3で仕上がります。

これは各部が少しずつ改良されているのはもちろんですが
乾燥に電熱ヒーターに変わってヒートポンプが採用されたことが
非常に大きな要素になっているようです。
さらに使用水量もかなり減っているようですし、
音もかなり静になりました。

ともかくここまで進歩しているのかとかなり驚きました。
よく、エアコンや冷蔵庫は進歩してどんどん効率が良くなっているから
無理に古いものを使うのはお勧めできないと言いますが、
これは洗濯乾燥機にも当てはまります。

壊れるまで使うのも一つの見識なのですが、
一体どのあたりで買い替えるのがベストなのか、
いろいろな要素のバランスでしょうが、
難しい判断ですね。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

パッシブソーラーハウスのデータ報告

2014/07/16 Wed [Edit]

SUR都市建築事務所で今まで設計した住宅については
お施主様の協力を得て、出来るだけエネルギー使用量のデータを
集めて性能の検証をしているのですが、
2年前〜1年前に竣工したものについてまとまりました。

この期間のものは、まだハイブリッド断熱、床下エアコンは標準ではなく
暖房にも深夜電力の蓄熱暖房機が多いので、
一般的な住宅よりはかなり高いレベルとは言え
「ネットゼロエネルギー」には届いていません。

パッシブハウスのサイトにエコハウスの性能を
グラフ化したものがあったので、
SURのデータをその上に重ねてプロットしてみました。

エコハウスマップ

このグラフにプロットしてあるのはすべて「エコハウス」と呼べる
高性能なものですが、オレンジ色がSURの住宅です。
線でつながった黄色の円は、太陽光発電による低減後を表しています。

簡単に言うと、右に行くほど、上に行くほど高性能ということになります。
緑色のハッチが入ったあたりが「次世代省エネレベル」の住宅で
長期優良住宅の基準も同じレベルです。
なお、SURのもので一番性能の良い右上のものは
ハイブリッド断熱とヒートポンプ冷暖房を採用しています。

SURの住宅は、ご覧のように緑斜線の範囲かそれより右上にきていますから、
次世代基準と同等か上回っているわけですが、
最新のハイブリッド断熱、床下エアコン方式のものは
右上の例と同等かそれ以上の性能を発揮してくれるものと思います。

お施主様の協力を得て、現在もデータ収集を続けていますので
しばらくしたら,最新のもののデータもご報告したいと思います。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

公式Facebookページで最新作公開しています。
Twitterでブログ更新情報流しています。
地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

エコな照明計画

2014/05/29 Thu [Edit]

エコな照明と言えば、まず「LED」となりますね。
白熱電球の100w相当がLEDなら10w程度で大丈夫なので
わずか1/10の電力で済むわけですからこれは画期的です。

でも、これは誰でも思いつく省エネの方法。
他に良い手はないものでしょうか。
それが有るのですね、一歩進んだ方法が!

そこで登場するのが「多灯分散照明」という方式。
つまりこれは、ひとつの部屋に明るい天井照明1灯だけにしないで
小さな照明をたくさんつけて、その時々の使用目的に合わせて
必要な箇所だけを点灯するというもの。
もちろん全部一度に点けてしまっては省エネになりません。

多灯照明

実はこれ、SURではかなり以前からやっています。
まあ、アトリエ系設計事務所の照明は大体そうなんですが(笑)
正直に告白してしまうと、もともとは
省エネという観点で始めたわけではありません。
いろいろな点灯の仕方で、シーンに応じた照明を演出できるからです。

しかし先日の「自立循環型住宅」のセミナーでこの
「多灯分散型照明計画」なる用語を知り、ナルホドと思った次第です。

もう一点、器具の配光の違いを良く理解し
効率よく照らせる配光の器具を選ぶこと。
これも大事なポイントです。
天井一発のシーリングライトは、その意味では
もっとも電力消費の多い照明器具だとのことでした。

今まで照明計画の省エネについては、LED器具を使うと言うこと以外
あまり考えてこなかったのですが、SUR方式の照明計画は
省エネの観点からももっとも進んだ方式との確証が得られ
この「自立循環型住宅」のセミナー、大いに役に立ちました。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです

一日お勉強!

2014/05/24 Sat [Edit]

昨日は一日講習会でお勉強(笑)
自立循環型住宅のセミナーです。

自立循環型住宅というのは、
わかりやすく言ってしまえば
出来るだけ自然エネルギーを使った省エネ住宅です。

セミナー2

厚さ2センチほどの分厚いテキストなので、
朝から夕方までの講習でも駆け足でサッと説明するだけですが
なかなか有意義な講習会でした。

セミナー1

15の手法が列挙され、
それぞれについて手法の解説と、
効果の評価方法が示されています。

内容そのものはSURとしてすでに
取り組んでいるものばかりですが、
それを数値化して、コストパフォーマンスも含め
客観的に評価できるのはなかなか良いと思いました。

そして基本的な考え方として、
パッシブデザインというのは、一つ一つの手法だけを取り上げれば
それほど大きな効果があるわけではありませんが
それらをこつこつと積み上げることで
結果として大きな省エネ効果が発揮できるという
まさにSURの考え方そのもので、
改めて長年やって来たことの正しさを確認する事ができました。


<にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へワンクリックよろしく!
こちらもよろしく!
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
ついでに?よろしく!

地熱利用のパッシブソーラー&エコロジーハウスと庭づくり
SUR都市建築事務所
のBLOGです
Top
パッシブデザインのゼロエネ・エコハウス:自然の恵みを生かす家づくり
Next
Older Entries

最新記事

リンク

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

このブログ内をキーワードで 検索できます。

プロフィール

yoshi.u

Author:yoshi.u
緑、光、風、地中熱・・自然の
恵みを生かすパッシブソーラー
&エコロジーハウスで
ゼロエネルギーを目ざす
SUR都市建築事務所」の
BLOGです。
家づくり情報と事務所の日常、その他とりとめなく趣味や旅行などをお伝えします。文末にShiと入っているものは篠崎、その他は浦田が書いています。

最新情報は毎日更新のSUR公式
Facebookページ」をご覧下さい。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。  応援をよろしく!! (クリックしてね)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。